乾燥肌の原因は?保湿ファンデが皮膚乾燥を改善☆

乾燥肌

春夏秋冬カサカサが続く乾燥肌。

かゆくなったり皮が剥けたり、酷くなると赤みが出たりアトピーに発展してしまうことも

そんな乾燥肌ですが放っておくと改善が難しくなるので、早めにケアしていきましょう!

>>【薬用クリアエステヴェール】はこちら

 乾燥肌の原因は?

乾燥肌

私たちの肌には元々保湿機能が備わっているのですが、肌の潤いを保持する機能が低下して皮膚乾燥が起きるのは次の理由からだといわれています。
 
 
(1)偏った食生活

肌を作るタンパク質や必須脂肪酸、炎症や湿疹、皮膚の修正をサポートする亜鉛、皮膚や粘膜を正常な状態に保つビタミン類が不足すると、肌に十分な栄養が行き届かず肌のターンオーバーが正常にいきません。

ターンオーバーが乱れると、お肌の水分保持能力のほとんどを担う細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)の生成が減少して肌が乾燥してしまいます。
 
 
(2)不規則な生活習慣

睡眠不足が続くと肌のターンオーバーが乱れ、肌の保湿機能の約80%を担っている細胞間脂質が十分に角質層に行き渡らなくなり、肌が乾燥しやすくなります。

この様に肌の免疫機能が弱まった状態でエアコンなどの乾いた空気に当たると、角質層は水分を失い、はがれやすくなって肌が乾燥してしまいます。
 
 
3)間違ったスキンケア

ゴシゴシ洗いの洗顔やふき取りクレンジングやふき取り化粧水を頻繁に使ったりすると、肌への刺激が強すぎて角質層を傷つけて肌の保水能力が低下してしまいます。
 
また、肌に見えない炎症を引き起こしたりシミに発展することもあるので要注意です。

>>【薬用クリアエステヴェール】はこちら


 
 

 スキンケアのポイント

スキンケア

ここまで、乾燥肌の原因をみてきましたが、ライフスタイルを見直すと共に気を付けていきたいのがスキンケア。

乾燥肌の原因を理解しつつ、肌の潤いを保つスキンケアポイントを見ていきましょう。
 
 

♥ クレンジング/洗顔

汚れやメイクと馴染みやすく、こすらないで落とせる洗顔料を使うようにしましょう。

アイメイクなど落ちにくい部分がある場合は、パーツ別に洗顔料を使い分けるようにすると肌に余計な負担がかからないので◎

朝は水またはぬるま湯ですすぐ程度にするのがベスト。
 
 

♥ 保湿

洗顔でこすり過ぎや洗いすぎを防ぐとともに足りない分を補ってあげるのが保湿ケア。

肌の80%を構成している細胞間脂質やNMF(天然保湿成分)為には、細胞間脂質の主要成分であるセラミドやNMF(天然保湿成分)の主要成分であるアミノ酸を補ったり、それらの生成力を高める効果のある成分を積極的にプラスしてあげましょう。

>>【薬用クリアエステヴェール】はこちら
 
 

 乾燥肌も敵わない!徹底保湿のうるうるファンデ

ファンデーション

乾燥肌を改善するには洗顔に気を付け、保湿を積極的に行っていく必要があるのですが、基礎化粧品以外のアイテムとして保湿に使えるのがファンデーション。

「保湿」=「化粧水」のイメージがありますが、実は化粧水よりも大事かもしれないのがファンデなのです。

わたしたちは朝起きてからお風呂に入るまでメイクをしたままで過ごしていますが、それを考えると1日10時間~15時間くらい化粧をしたままでいることになります。

半日以上、肌を覆っているものなので保湿機能があるかどうかで肌がガラリと変わりますし、乾燥状態も驚くほど変化します。

そして、保湿機能を持つファンデとして有名なのが「薬用クリアエステヴェール」☆

クリアエステヴェール

アットコスメなどの口コミで爆発的に人気となり、品切れ状態になるまで売れに売れたあのファンデーションです。

4種類のコラーゲンと3種類のヒアルロン酸、プラセンタエキス、アロエ液汁、オリーブ葉エキス、葛根エキスなど、合計50種類の美容液成分をたっぷり含んでいて、62%が美容液成分でできています。

クリアエステヴェール

このファンデのスゴイ所は洗顔でファンデ成分がスルッと落ちて、美容液成分が肌にしっかり残るところ。

わたしも初めて使った日に度胆を抜かれたのですが、洗顔後の肌が全然違う!!

洗顔した後の肌はエステに行った時や、高級なパックをやった後みたいにしっとり&スベスベ&ツルツル!!

初めて手で触った時は思わず「スゴーーーーーーイ!!ヽ(゚Д゚○)ノ」と叫んでしまいました。

ずっと乾燥肌に悩んでるという人は、このファンデーションが救世主になるかもしれませんよ(^O^)/

>>【薬用クリアエステヴェール】はこちら

関連記事

ピックアップ記事

シミ・しわ・乾燥を防ぐ!エイジングケアスキンケアに小豆島オリーブ

[写真後] 加齢で目立ってくる乾燥やしわ、たるみ、シミ。 目元は下がってくるし、口元のほうれい線は日に日に深くなってくる。。 …

おすすめ記事

☆体のお悩み解消サイト

☆妊活・出産・育児のお悩み解消サイト

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る