bglen(ビーグレン)ホワイトニング美白の評価と効果を大公開

ハイドロキノン配合の美白化粧品として知られている「ビーグレン」ですが、ぶっちゃけ評価や効果が気になりますよね?

今回はそんなビーグレンの美白ケアについて肌の画像と共にこっそりお伝えしますね☆

>>bglen(ビーグレン)の美白トライアルはこちら

 bglen(ビーグレン)の美白トライアルを使ってみた結果

美白成分として近年注目されているハイドロキノンですが、その成分を含んでいる化粧品として人気なのが「ビーグレン」です。

ハイドロキノンは美容大国のアメリカで美白化粧品に配合されている成分で、次のアプローチでシミ肌をケアしてくれるといわれています。

● 紫外線をブロック
● シミの進行を防ぐ
● シミができる原因にアプローチする

ただ、肌に浸透しづらいという弱点があり、また高濃度で使うと刺激が強いという問題もありました。

この2つの問題をクリアして、肌にグングン浸透して、しかも肌に優しいということを可能にしてくれたのが「ビーグレン」です。

独自の浸透テクノロジー「QuSome」を活かし、肌の奥まで成分がスイスイ行き届くことが可能に!

肌の中に入り込んだ後は、肌内部に長時間とどまり、効果を発揮してくれます。

このQuSome技術を取り入れた「美白トライアルセット」を7日間使い続けてみました。

その結果、わたしの場合は肌がクリアになって、紫外線を浴びた日でも日焼けがあまり残らないようになりました。

シミの原因はメラニンの蓄積だといわれていますが、実はこのメラニン、古い角質と共にちゃんと落ちればシミに発展することはありません。

その為、シミを消すためには肌に残っている余分なものをきちんと落とす必要があります。

ビーグレンのクレイウォッシュは、天然のクレイが古い角質と共に表面に出てきたメラニンをオフ。

超微粒子のクレイがこれらを吸着して落としてくれるので、肌に負担はかかりませんし、必要な潤いは残したままキレイにできます。

手の平で伸ばして顔をスルスルとマッサージするだけで、泡立てる必要も無いので楽。

肌への負担がすくないので、洗顔の刺激による色素沈着も防ぐことができます。

2種類のビタミンC誘導体を配合したQuSomeローションはつけた時から次の洗顔まで潤いをキープ。

肌が潤いで満たされるので透明感もアップしますし、肌のターンオーバーも正常に働きやすくなります。

これでシミが自然に落ちやすいベースが整います♡

また、即攻性の高いピュアビタミンCを高濃度に配合しているCセラム美容液が肌のターンオーバーを加速。

夜用のQuSomeホワイトクリーム1.9により既にできてしまったシミにハイドロキノンを直接届けることができます。

最後にもってくるQuSomeモイスチャーリッチクリームは紫外線で老化した肌を潤わせ明るい肌に。

シミ消しケアと同時にエイジングケアもできるなんて最高ですね♪

7日間しか使っていないのでシミが完全になくなったということはないのですが、肌に透明感が出てが明るくなったというのは感じました。

お陰様で最近は、洗顔後にスキンケアをして、日焼け止めを塗って終わりということが多く、ファンデーションで隠さなくても肌のアラが気にならなくなりました^^

↓スキンケアだけした素肌の状態。
夏ですが、ここに日焼け止めをONするだけで過ごしてます。

ビーグレンのホワイトニングのトライアルは6,000円以上する商品がシリーズで1,000円台で試せるのでお得だと思いますよ☆

>>bglen(ビーグレン)の美白トライアルはこちら

☆肌のお悩み解消サイト

☆体のお悩み解消サイト

☆妊活・出産・育児のお悩み解消サイト

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る