肌の調子がイイのは「えごま油」のお陰?!効能・効果は?

近年、美容や健康の為に取り入れられることの多いオイルですが、荏胡麻油(えごま油)もその1つ。

わたしも毎日摂取していますが、このオイルを摂り始めてから何ならお肌の調子が良いようで♪

今回はそんなえごま油の美容効能や効果について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
 

 

荏胡麻油(えごま油)とは?

えごまはシソ科の植物で、その植物から抽出されたオイルが「荏胡麻油(えごま油)」と呼ばれています。

中世から鎌倉時代までは、日本でもえごま油が主流で摂り入れられていたそうですが、菜種油の普及によって徐々に姿を消していきました。

でも近年、えごま油には他の油では希少な必須脂肪酸である「α-リノレン酸(オメガ3系脂肪酸)」が豊富に含まれてることが分かり、人気となっています。

スポンサーリンク
 

「α-リノレン酸(オメガ3系脂肪酸)」は私たちの体に必要な必須脂肪酸の1つですが、カラダの中で合成できないため外から取り入れる必要がある栄養素。

体内に入ると近年サプリメントで人気のDHAやEPAなどに変換され、生活習慣病を予防したり、脂質代謝をスムーズにしてくれます。

ほとんどの食物でわずかしか含まれていない「α-リノレン酸(オメガ3系脂肪酸)」が、えごま油には60%と極めて高く含まれていて、一気に取り入れることができるので注目されています。

スポンサーリンク
 

えごま油がもたらす美容効果・効能は?

えごま油の効果・効能としては生活習慣病の予防や脂質代謝がよく知られていますが、多くの女性が悩む便秘にも働きかけてくれるそうです。

便秘になると、腸内には食べ物を腐らせる有害な菌が増え、有毒ガスや活性酸素が発生し、腸内環境が悪くなります。

すると食べ物が腸内でうまく吸収されなくなり、肌に必要な栄養が届かなかったり、皮膚のターンオーバーが乱れるようなり、肌荒れを引き起こすことに。。

えごま油に含まれるオメガ3には、腸内の悪玉菌を減らし、腸内環境を整えてくれる働きがあります。

また、サラリとした油が大腸内で潤滑油の働きをして、貯まっていた大便や宿便が排出しやすくなるので腸内環境が整いやすくなります。

スポンサーリンク
 

無添加の「えごま油」おすすめはコレ!

美容にも健康にも良いえごま油ですが、調べてみると色々なものが出てきて迷いますよね?

しかも、ほとんどの荏胡麻油は価格が高いような気が。。

毎日摂り入れるものとしては、買いやすく安全で美味しいえごま油が欲しいもの。

それを探して見つけたのが、この「えごま油」。

えごまの原料原産国は韓国で、国内加工で加工。

低温圧縮の一番搾りオイルで、「α-リノレン酸(オメガ3系脂肪酸)」をなんと61.7%も含んでいるんです!

1本数千円するえごま油が多い中、このえごま油は1本1000円ちょっと。

できるだけ安く健康に良いものを摂り入れたい人には嬉しい価格ですよね♪

コスパも良いのですが、一番の決め手となったのが口コミ評価の高さ。

楽天ランキング5つ星中、4つ星以上★★★★を獲得しているんです。

「サラッとして食べやすい」という口コミが多く、リピーターも非常に多いのが分かります。

実際に購入して毎日摂り入れているのですが、お通じが良くなり、肌の調子が良くなったように感じています。

お手頃で上質なえごま油を探している人にはおすすめですよ☆

ピックアップ記事

モイスティシモ

口周りのカサカサも!皮膚乾燥には高保湿☆POLAモイスティッシモ

年齢と共に激しくなる肌の乾燥。 化粧水も乳液もつけたのにカサカサしてる。。 そんなことってありませんか? 動きが多…

おすすめ記事

☆体のお悩み解消サイト

☆妊活・出産・育児のお悩み解消サイト

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る