便秘に効く食事とツボは?便秘解消サポートの青汁も!

便秘

妊婦かと思うほどパンッパンに張ったお腹に、なんともいえない不快感。

便秘の日は集中力も落ちて、なんだか落ち着きませんよね。

今日はそんな不快感を吹っ飛ばしてくれる便秘に効く食事とツボについて!

スポンサードリンク

 
 

便秘にイイ食事について

便秘

便秘にいい食事というとバナナやヨーグルトなんかが有名ですが、これらの食材もできるだけ効果的に取り入れたいですよね。

ここでは、一刻も早く「スッキリ」に辿り着くための食事をご紹介します☆
 
 
◆ プルーン×ヨーグルト
便秘

2種類の食物繊維をバランスよく含み、便秘解消に役立つ「ソルビトール」を多く含むプルーンは、大腸の水分吸収を抑え、便が固くなるのを防いでくれます。また、ヨーグルトは腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。ダブルで摂取することで排便がスムーズに!
 
 
◆ バナナミルク
便秘

食物繊維が豊富で、善玉菌のエサになるオリゴ糖を多く含んだバナナは「レジスタントスターチ」というでんぷん質を多く含み、善玉菌が増えやすい環境を作ってくれます。また、ミルクも善玉菌を増やしてくれるので、両方を摂取することで一気に腸内環境を改善することができます。
 
 
◆ HOT皮ごとすりおろしリンゴ
便秘

りんごを皮ごとすりおろし器ですったものを鍋で温めたもの。りんごの皮に多く含まれるペクチン(水溶性食物繊維)が善玉菌のエサとなり、悪玉菌の動きを抑え、腸内の乳酸菌を増殖させて腸の動きを活発にしてくれます。温めることで消化と吸収が良くなるので効果的に腸内環境を整えることができます。ちなみに、ペクチンは加熱しても破壊されないので安心して温めて下さいね☆
 
 
◆ オリーブオイル納豆
便秘

納豆にオリーブオイル小さじ1杯と醤油をかけたもの。これを1日2回(朝1回、昼or夜で1回)は取りたいところ。腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える作用を持つ納豆と大腸で腸管を刺激し、ぜん動運動を促進するオリーブオイルを合わせて摂取すると便通効果もUP↑↑ ポイントは朝食に取り入れる事!
 
 

便秘に効くツボ

便秘

ここでは、見つけやすく、簡単に押せて、効果が出やすい足のツボをご紹介します☆
 
 
◆ 反射区
便秘

胃や腸などの排せつ系のツボは土踏まずの周辺に集中しています。グーの手でこの部分全体をゴリゴリと刺激してあげましょう。
便秘

また、このツボを取り囲むコの字部分には大腸と直腸のツボがあり、こちらもグーを擦りつけるようにして刺激を与えていってください。
 
 
◆ 厲兌(れいだ)
便秘

人差し指の脇(中指側)にあるツボ。胃腸が悪いと痛みが出るので、ここを押してあげると今の胃腸の状態も分かります。つまみ上げるように持ち上げたり、綿棒やペンの後ろでグイグイと押してあげると◎ むくみにも効くので、一石二鳥!
 
 
◆ 三里(あしのさんり)
便秘

ひざの皿(外側部分)から指4本下にあるツボ。親指でグリグリこねるように刺激してあげるとイイです。このツボは「万能のツボ」とも呼ばれ、便秘以外にも、体力増強やむくみの解消にも役立ちます。
 
 
◆ 三陰交(さんいんこう)
便秘

内足首のくるぶしから指4本分上に位置するツボ。親指を使って強めにさする感じで揉んであげると良いでしょう。便秘のほか、生理痛や生理不順、むくみなどにも効果大!

ここまで、便秘に効く足のツボをご紹介してきましたが、ポイントはひざ掛けやタオルなどをかけて保温しながら行う事。

片足を刺激しているともう片方の足が冷えてしまっては台無しなので、効果が持続する様、しっかり体を温めながら行いましょう。

タイミングとしては寝る前にツボ押しを行って、そのまま寝てしまうのがベストです!

出典:ヘルスケア大学
 
 

便秘解消サポートドリンク

便秘

お腹をすっきりさせるにはバランスのとれた食事が必要ですが、「忙しくて中々栄養や効果を考えた食事を取れない。。」って方もいらっしゃいますよね?

そんな人は「青汁」を取りいれてみてはいかがでしょうか?

便秘

青汁って聞くと「くさい」「まずい」「飲みにくい」のイメージがありますが、この青汁は味が完全にフルーツジュース!

言われないと青汁だと分からないくらい美味しいです(*´∀`*)

便秘

水で割っても良いですし、寒い季節はお湯で割るとホッコリしてこれまた良し◎

便秘解消に必要な食物繊維などの栄養不足も簡単に補えますし、(お腹がポッコリして辛い。。)という人は、こんな青汁を取りいれてみるのも良いかもしれませんよ^^

>>たっぷりフルーツ青汁

関連記事

ピックアップ記事

肌荒れにはbb クリーム!ランキングで人気のおすすめビービークリーム

肌荒れの時ってメイクが上手く乗らなくって困りますよね? アラはしっかり隠したいけど、肌荒れも悪化して欲しくない。 荒れた…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る