東京大神宮のお守り効果がスゴい!縁結び・恋愛運アップ・恋愛成就ご利益も☆

東京大神宮

東京にある縁結びの神社として有名な東京大神宮。

近年ではパワースポットとしても知られていて、連日大勢の人が参拝に訪れています。

そんな東京大神宮でお守りを買って持ち歩きはじめたら。。

口コミ以上に効果がスゴかったヽ(゚Д゚○)ノ!!

スポンサーリンク

 東京大神宮について

東京大神宮

まずは「東京大神宮」について少しご紹介。

明治5年(1872年)に開設された伊勢神宮の事務機関と東京教部省との連絡のための出張所、東京神宮教会にあった神殿を継承し明治13年に創建された東京大神宮。

明治33年(1900年)5月10日、明治天皇第三皇子の明宮嘉仁親王(後の大正天皇)と九條公爵家令嬢の九條節子(後の貞明皇后)とのご結婚の儀が宮中三殿に於いて執り行われ、以降、神前結婚式の場としても有名になりました。

東京大神宮

御祭神(ごさいじん:神社に祀られている神様)は次の通り。

・天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
伊勢神宮の内宮(ないくう)の御祭神。
国民全ての祖神

・豊受大神(とようけのおおかみ)
伊勢神宮の外宮(げくう)の御祭神。
農業、諸産業、衣食住の守護神

東京大神宮

【造化の三神(ぞうかのさんしん)】

・天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
・高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
・神産巣日神(かみむすびのかみ)
・倭比賣命(やまとひめのみこと)

天地万物の生成化育(結びの働きを司る造化の三神)が祭られていることから、縁結びにご利益のある神社としても知られ、良縁を願う人たちのご参拝も年々多くなっているようです。

東京大神宮

その他にも、

・家内安全
・商売繁昌
・厄除開運
・交通安全
・恋愛成就
・学業成就

などの諸願の成就にも良いようです。
 
 

 東京大神宮のお守りの効果かも?!

東京大神宮

8月に入り、なぜか(良縁が欲しい!!)という思いが強くなったおよねこですが、これを機に一度、東京大神宮へ行ってみようと思い出かけてみました。

階段を上り右手にあるお浄め水で手口を清め、イザ参拝!

東京大神宮

神様の前で手を合わせ、心から(良縁が欲しいです!毎日を丁寧に感謝しながら生きますので、宜しくお願いします!)と祈りました。

そして、そのまま横にあるお守り売り場へ。

東京大神宮

色々お守りを見て、最初は(願成就のお守りを買おうかなぁ~)と思って会計に進んだのですが、お金を払う直前になり、どーしても近くにあった別のお守りが気になり、結局そちらを買ってしまいました。

それが「縁樹のお守り」でした。

東京大神宮

縁起の良い「えんじゅ」の小玉に良縁の祈りを込めて、希少な「しけ絹」の袋で優しく大切に包み込んだ縁結びのお守りなのだそうですが、繭(まゆ)から糸を紡ぐように、良縁を紡いで喜びに満ちた幸せな日々を過ごせるようにとの願いが込められているそうです。

【小玉】
古来、樹木には木霊(木魂)と呼ばれる精霊が宿るといわれています。数ある樹木の中でも特に「えんじゅ」は良縁を授かる「縁授(えんじゅ)」に通じる縁起の良い木として好まれています。

【しけ繭】
二頭の蚕(かいこ)が奇跡的に出会い、力を合わせて1つの繭を作り出すことがごく稀(まれ)にあります。愛の結晶ともいえる貴重な繭から糸を紡ぎ、織り上げられた希少な絹です。

東京大神宮

意味を知れば知るほど気に入ったこのお守りですが、このお守りを身に着けてから3日後に予期せぬ素敵な出会いがあり、その方と仕事で1週間に3~4回お会いする事になりました。

そして、出会ってから3回目に「一緒に仕事をしないか」というお話を頂き、とんとん拍子に事が進んでいきました。

東京大神宮

また、同じ頃、人間関係にも動きがあり、長年(どうしたら良いのかな。。)と思っていた人との関係が良くなりました。

状況は変わってないのですが、自分の気持ちが寛容になったり、色々な方向からものを見ることができるようになり、悩んでいた人間関係が気持ちいいほどスムーズに運ぶようになりました。

スポンサーリンク

そんな感じで、私の考え方や言葉、態度が変化してくると、相手も少しずつ心を許してくれるようになり、(今までの思い悩みは一体何だったんだろう??)と思うくらい関係も状況も好転してきたのです。

東京大神宮

あまりの変化に嬉しビックリし、(なんで色んな事が上手くいき始めたんだろう??)と考えてみたところ、東京大神宮でこのお守りを買ったことくらいしか思い浮かびませんでした。

この縁樹のお守りが良かったので、私は姉にもプレゼントしました。

また、友達の中にも、このお守りを手に入れて物事が良い方向に運び始めた人が何人かいて、私同様、家族や友人にもプレゼントしたそうです。

ちなみに、お守りが切れた場合、(効果がなくなるのかな?)(悪いことが起こるのかな?)と思われるかもしれませんが、一般的には「身代わりになってくれた」と考えるのが良いようです。

必要なお役目を果たしてくれたのだなと感謝し、近くのお寺や神社、または東京大神宮に持っていき「ありがとう」の気持ちを込めてお炊きしてもらうといいかもしれませんね(^-^)
 
 

 アクセス(行き方)/地図と参拝時間

東京大神宮

そんな東京大神宮ですが、行き方と礼拝時間は次の通り:
 
 
【住所】
〒102-0071 東京都千代田区富士見2-4-1
電話 03-3262-3566 FAX 03-3261-4147
 
 
【交通】
・JR中央総武線・地下鉄各線飯田橋駅 地下鉄各線九段下駅 徒歩5分
・首都高池袋線西神田出口(下り方向)・飯田橋出口(上り方向)徒歩5分
 
 
【参拝時間】
◆8時~19時まで
 
 
【公式サイト】

東京大神宮

東京大神宮
http://www.tokyodaijingu.or.jp/

そんな奇跡を呼んだ東京大神宮のお守りですが、

良縁が欲しい!
人間関係をスムーズにしたい!
恋愛運をアップさせたい!
恋愛を成就させたい!
復縁を叶えたい!

という人は縁樹のお守りも味方にして、どんどん幸せを引き寄せてみてください(*´∀`*)

東京大神宮

出典:東京大神宮

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

人気の美容家電☆トリア美顔器のレビュー第一弾!

30代を過ぎると一気に加速するたるみやシワ。 高価な化粧水や美容液を塗りたくるも、重力にはなかなか逆らえない。。 そんな…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る