保湿スキンケアでしっとり&プルプル♪肌乾燥対策にキノコ発酵化粧水

40代を過ぎるとお肌の衰えを痛烈に感じますよね?

春や秋冬は特に乾燥でカサカサしますし、目尻や口元のシワもハッキリしてきて年齢が出やすくなります。

年をとっても老け顔ではなく、できるだけしっとり透明感のある若々しい印象の肌でいたいもの。

そんな40代以降の肌乾燥にお悩みの方におすすめなのがキノコ発酵の化粧水。

今回はこのユニークな化粧品をご紹介します☆

>>【マシュファムの化粧水】の詳細はこちら

 40代以降の肌乾燥にキノコ発酵の化粧水

今回、ご紹介するのはキノコ発酵エキスを配合した化粧水。

>>キノコ発酵エキス配合【マシュファムの化粧水】はこちら

保湿スキンケアでしっとり&プルプル♪肌乾燥対策にキノコ発酵化粧水

特別な発酵技術でお米を発酵させたものが原料となっており、世界で初めて「キノコ発酵」の技術でつくられた、唯一の発酵化粧品です。

化粧品のプロが読む美容業界専門誌「フレグランスジャーナル」でも掲載され、化粧品業界でも注目されています。

開発秘話も面白く、開発者がキノコで発酵させた大豆を半年間置いていたところ、「キノコで発酵させた」大豆は半年経っても指で簡単につぶせるほど、柔らかく保湿力が保たれていたそうです。

普通の納豆なんか、1日も放置したらカラカラになるのに、半年たってもしっとり柔らかいってスゴイですよね?

そしてこの経験から世界初の独自成分「マシュファムSR」が生まれました。

保湿スキンケアでしっとり&プルプル♪肌乾燥対策にキノコ発酵化粧水

独自成分「マシュファムSR」は、お米をキノコで発酵させて作られているのですが、ここにも美肌作りのポイントがあります。

お酒を造る杜氏の手はキレイと言う言葉を聞いたことはありませんか?

日本酒職人は、お米を発酵させることで作られる保湿成分や美肌成分に毎日触れている為、肌が綺麗なのだといわれています。

お酒を造る段階時に麹でお米を発酵させるとしたら約1日で済みます。

これに対し、マシュファムSRは発酵に約45日間かけてじっくり時間をかけてお米を分解・熟成させているので、有用な成分をしっかり引き出す事ができるんです。

そんな「マシュファムSR」には3つの保湿効果が期待できます。
 
 

♥ すばやく浸透&長時間しっとり

キノコでお米を発酵させた成分が水と結びつくと「結合水」とよばれる非常に蒸発しにくい特別な水へと変化します。

「結合水」が角質層にすばやく浸透し、蒸発を防ぎ、お肌に留まってうるおいをキープしてくれるので1日中保湿力が続きます。
 
 

♥ ハリ&ツヤアップ

お米をキノコでじっくり発酵させることで、お肌の元となるアミノ酸が豊富にがつくられ、ペプチドやビタミンなどの美肌成分がつくられます。

これらの成分は、肌本来が持つ保湿成分に似ていて肌なじみがとてもいい為、角質層のすみずみまでうるおいで満たされます。

そして、美肌成分とうるおい効果で、ハリやツヤを実感することができます。
 
 

♥ 肌細胞を元気にする

キノコ発酵により、アミノ酸やビタミン・ミネラルなどを含んだ発酵栄養エキスが作られます。

これらの栄養成分は、高価なエイジングケア化粧品にも用いられるほどリッチな成分(酵母エキスに類似した成分)です。

保湿スキンケアでしっとり&プルプル♪肌乾燥対策にキノコ発酵化粧水

保湿効果はもちろん、細胞に働きかけ肌本来の若々しいハリやツヤを引き出します。

ちなみに、従来のコラーゲン化粧水と比較した場合、うるおいキープ力がコラーゲン化粧水よりも高かったそうです!

4時間後でもうるおいキープ力がなんと98%!

肌乾燥に悩む者としては、これは嬉しいですよね♪

肌乾燥を放っておくと、シワやほうれい線、くすみ、毛穴の開きを引き起こしますが、「マシュファムSR」配合化粧水なら、角質層に潤いをギュッと閉じ込めるのでしっかり保湿できます。

保湿スキンケアでしっとり&プルプル♪肌乾燥対策にキノコ発酵化粧水

肌の奥までグングン浸透して潤うのに、付け心地はサラサラ。

使い心地も気持いいです^^

5つの無添加にもこだわっているので、敏感肌の方にも◎

定期コースなら通常 3,600円1,800円【送料無料】の50%OFFで使い始めることができます。

回数の縛りがないので、いつでも変更や解約ができます。

30日間の全額返金保証もついているので初めて使う方でも安心ですね♪

肌のカサカサが急速に進む40代以降の肌乾燥に悩んでいる方で保湿を強化したい人にはおすすめですよ。

>>【マシュファムの化粧水】の詳細はこちら

関連記事

ピックアップ記事

アスミール

身長伸ばすのには最高!成長応援飲料「アスミール」

子供が健康にすくすく育ってくれること。 親としてはそれが一番嬉しいですよね。 でも、子供って好き嫌いがあったり、牛乳が苦…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る