乳癌にも負けない!抗がん剤の34,000倍もの力を持つ【ヨモギ】

癌治療

日本人の死因の第1位で、年間30万人以上が亡くなっていると言われている「癌」。

一生涯のうちに何らかのがんになる割合は、男性の2人に1人、女性の3人に1人で、3人に1人が癌で死亡しているのだそう。

癌ヨモギ

出典:厚生労働省HP

スポンサードリンク

 

癌の治療法は放射線と抗がん剤が一般的ですが、中には「抗癌剤は癌の進行に拍車をかけて、患者をより早く死に至らしめてしまう」と唱えている研究者もいるようです。

そんな中、新たな癌治療法として海外で注目され始めているのが「ヨモギ」!

癌ヨモギ

科学雑誌「Life Sciences, Cancer Letters and Anticancer Drugs」に発表された研究論文によると、漢方として使われることの多いヨモギから抽出されるアルテミシニン(artemesinin)と呼ばれる成分には癌細胞を破壊する力があり、健康な細胞1つにつき12,000個もの癌細胞を消滅させることができるということが明らかになったそうです。

癌ヨモギ

この研究を行ったワシントン大学の研究チームのリーダーであるヘンリー・ライ氏によると、アルテミシニンは健康的な細胞を傷つけることなく癌細胞だけを狙って死滅させることができるそうです。

また、アルテミシニンは抗がん剤よりも34,000倍も正確に癌細胞だけを狙い、死滅させることができるというから驚きです。
出典:Collective Evolution

癌ヨモギ

アルテミシニンを使った抗がん剤では、アルテミシニンの服用4時間後に鉄分の吸収を促進させるビタミンCを摂ることで、アルテミシニンと鉄分を結合させ癌細胞をやっつけようとしていましたが、アルテミシニンと鉄分を別々に摂取しても抗がん作用があるのですから、この2つが結合しているヨモギは強いですよね!

もちろん、ヨモギを食べたから癌が治るという訳ではありませんが、ヨモギなら高いお金を使わなくても簡単に手に入れられますし、危険な副作用は報告されていないので安心して取り入れられます。

ほうれん草の3倍もの「食物繊維」や貧血やコレステロールに効く「クロロフィル」、免疫力を高め粘膜や皮膚を作ってくれる「カロチン」、止血効果のある「ビタミンK」などが豊富に含まれているので摂り入れて損はないですね(^O^)/
 
 

ヨモギエキスの作り方

よもぎ

ヨモギは3月~5月が旬で、食用とする場合は若い新芽を使います。

煮出し方は次の通り:

よもぎ

【ヨモギエキスの作り方】

(ヨモギ1kg=約50gのエキスが抽出できます)

①ヨモギは枝ごと刈り、水洗いして鍋に入る大きさに切る
②大きな鍋にヨモギが完璧に浸かりヒタヒタになるくらいの水を入れて火にかける
③水が半分くらいになったら、火を止め少し冷ま
④水切りボールを使ってエキスと草を分ける

よもぎ

⑤取り出したエキスを別の鍋に入れて更に煮詰める
⑥黒く煮詰まって水あめ状態になったらできあがり
※煮詰めるだけで5~6時間かかるので時間のある時に気長にやるのがいいかもしれません^^
※鍋についたエキスはもったいないので、水を入れて人煮立させて飲むといいです☆
よもぎ

 
 

ヨモギの保存方法

よもぎ

ヨモギは春の時期に大量に収穫して、冷蔵庫や冷凍庫で保存しておくこともできます。
 
【保存方法】

・冷蔵庫:ヨモギを水でさっと洗い、水を切って袋に入れ冷蔵庫に入れます。採ってから2日間くらいで使い切りましょう。天ぷらなんかにするとパクパク食べれていいですよ☆

・冷凍庫:一度茹でてジップロックなどに入れて空気を抜いて冷凍しましょう。
癌ヨモギ

使うときは自然解凍し、おひたしや和え物、汁物に使うといいです。ミキサーにかけてから冷凍するのも良く、この場合はお餅やソース、スープとして使えます。
よもぎ

健康にも美容にもいいヨモギ、是非活用してみてくださいね!

P.S.「ヨモギが近くになくて。。」「エキスを煮出す手間がちょっと。。^^;」って人は【お取り寄せ】エキスドリンクなんかを飲んでみるといいかも☆

関連記事

ピックアップ記事

毎日酵素

ダイエット・減量の食事サポートには!低カロリーの「毎日酵素」

「ダイエットに良い」と言われている酵素ですが、中にはカロリーが高いものも! 「ココナッツ」 食事制限をしていてもトータルカロリー…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る