肌荒れにはbb クリーム!ランキングで人気のおすすめビービークリーム

米ぬかBB

肌荒れの時ってメイクが上手く乗らなくって困りますよね?

アラはしっかり隠したいけど、肌荒れも悪化して欲しくない。

荒れた肌を隠しながら、肌荒れも改善してくれたら。。

そんな時におすすめなのが「紫紺乃米 FIT&COVER BB CREAM」☆

口コミでじわじわ広がり、人気商品となったこの国産のBBクリーム。

肌荒れを見事にカバーして自然に見せてくれるんですがBefore⇒Afterでこんなに変わるんです!!

【関連記事】肌がきれいに見えるファンデーション☆ランキング1位は人気「神ファンデ」

 BBクリームとは?

米肌BB

BBクリームは、韓国コスメの火付け役ともなったクリームのことで、今や世界中で人気となった化粧品のこと。

クリームには美容液や日焼け止めが配合されていて、「ファンデ機能のあるクリーム」としても知られています。

そんなBBクリーム(Blemish Balm)の本来の目的は「炎症を起こしたお肌を保湿・保護すること」。

ピーリング専門の皮膚科手術後に抗炎症の化粧品として出されていたこともあり、とっても肌に優しく作られています。

その為、荒れたお肌にもピッタリなんです☆




 

 BBクリームを比較してみよう!

BBクリーム

世の中には色々なBBクリームがありますが、わたしが長年愛用しているが日本製のBBクリーム「紫紺乃米 FIT&COVER BB CREAM」♡

わたしの場合、敏感肌&乾燥肌なのですが、海外のBBは香りと刺激が強すぎて、すぐに肌荒れを起こしてしまい。。

なので、無香料・低刺激の国産BBクリームはすごく助かるのです。

また、国産BBクリームでも色んなものがありますが、カバー力があっても厚塗り感が出てしまうものや薄付きでも肌荒れがカバーできないものも沢山あります。

その為、カバー力と薄付き感のバランスがとれているBBクリームを探すのは結構難しかったりします(汗)

大手のメイビリン、エテュセ、ドクターシーラボも使ってみましたが、イマイチしっくりこず。。

その中で「コレ!」と感じたのが、自分のBBクリームランキングでダントツ1位「紫紺乃米 FIT&COVER BB CREAM」です。




 

 米ぬかBBクリームを使うとこんなに変わる!

国産BBクリーム

米ぬかBBクリームは、保湿成分たっぷりの天然米ぬかを使用したBBクリーム。

成分が天然由来なので荒れて敏感になったお肌にも安心して使えますね^^

テクスチャーはこっくりとしていますが、伸びが良く、少量でもカバー力は抜群!

重ねて付けても決して重くならないのが他のBBと大きな違いです。

また色が自然なので、BB特有の「白浮き」もなく、適度なツヤが出て肌をキレイに見せてくれます。

肌荒れどころか、肌をいつも以上に綺麗に見せてくれるところがスゴイですね!

国産BBクリーム

時間が経っても崩れず、くすみも出てこないので1日中キレイなまま過ごせるのも嬉しい♪

紫黒米エキスやスーパーヒアルロン酸などの成分が高い保湿効果がたっぷり含まれているので、エアコン環境でも肌がうるおったまま。

肌のターンオーバーも整うので肌荒れの回復も早いんです。

国産BBクリーム

使い方・塗り方はとっても簡単。

大豆くらいの量を手にとり、両頬・おでこ・あごにちょんちょんと乗せ。。

顔の中心から外側に向けてクリームを伸ばしていきます。

コツはクリームを薄く、薄~く伸ばしていくこと。

こうすることにより、クリームが肌にピタリとくっつき、カバー力が上がります。

国産BBクリーム

 

国産BBクリーム

シワや毛穴の溝にもBBクリームが入り込んで保湿してくれるので、顔全体がふっくら健康な印象に♡

ルースパウダーを乗せると、マットなお肌が作れますし、化粧崩れ予防もプラスできますよ。

国産BBクリーム

これ1本で3か月は持ちますし、これで2,592円は安い!!

一般のBBクリームが5,000~10,000円することを考えるとかなりプチプラですよね?

米肌BB

ストレスやホルモンの乱れで肌荒れになりやすい30代~女性には特におすすめです。

これ1本持っていると、肌荒れになった時にとっても助かりますよ。^^

>>「紺乃米 FIT&COVER BB CREAM」の詳細はこちら
 

関連記事

ピックアップ記事

日焼けシミに効く薬があった!シミの原因にアプローチして徹底美白☆

【皮膚科医が開発】シミの消しゴム「アンプルール」で美白!芸能人も愛用☆

[写真後] 日焼けシミを消したい。。 顔のシミがとっても気になる。。 シミに 効く化粧品が欲しい。。 30代を過ぎると気にな…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る