原因は食物繊維不足!?肩こりに効く☆青汁でひどい肩こり解消

肩こり

「あ~、肩が痛い。。」「頭痛がするわ。。」「この肩こり、どうにかしたい。。」

こんな事ってないですか?

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、「女性の身体の悩みでもっとも深刻な症状」の一位を占めているのが「肩こり」で、4人に1人がその症状を自覚しているそうです。

今日はそんな肩こりの原因と解消法について!
 
 

肩こりの原因と症状は?

肩こり

肩こりの原因はいくつかありますが一般的にいわれているものは次の通りです:

・姿勢の悪さ
デスクワークなど、長時間同じ姿勢で座っていると特定の筋肉が収縮して筋肉の働きが低下してしまい、頭部や腕を支える頚部の筋肉に負担がかかります。これが繰り返されると筋肉の緊張が慢性的になり、肩こりを感じるようになります。

・精神的なストレスや緊張
精神的なストレスによって体を緊張させる神経系の働きが優位になると、首・肩周辺や背中上部の筋肉が硬くなって肩こりになりやすくなります。

スポンサードリンク

 
・目の疲労
繰り返しピントを合わせなくてはならないような細かい作業が続いた場合、焦点を調整する筋肉が激しく使われ、その機能が低下する場合があります。すると目に不快感を覚え、肩こりを起こす筋肉が緊張し、肩こりや首スジの張りを引き起こす場合があります。

・便秘
便秘になると、体内に老廃物やガスが溜まり、血流が悪くなって酸素が筋肉に十分に行き届かなくなります。そして、筋肉が酸素不足になると筋肉が疲労を感じ肩こりになります。

症状としてはめまいや頭痛、酷くなると吐き気をもよおすこともあるので、早めにケアしていきましょう。
 
 

肩こり対策について

整体

肩こり解消の方法といってまず思い浮かぶのが整体。

寝転がってマッサージを受けるだけなので楽ですし効くのですが、結構お金がかかるんですよね (´_`。)

自分で体操やストレッチという方法もありますが、忘れてしまうことも多く(←半分言い訳(*థ౪థ))、少し面倒くさいこともあるので中々続かなかったりします。

また、病院に行って薬や湿布をもらうという手もありますが、薬に関しては副作用が気になりますし、湿布に関しても継続すると費用がかなりのものになってしまいます。

あと、ネックレスなどの肩こりグッズも効きそうな感じはしますが、正直高い。。デザインによっては普段使いができないものもあるので、オシャレが気になる20代~40代にはちょっと厳しいかもしれませんね。

わたしも肩こりがかなりひどいので、何かいい方法はないかとあれこれ試してみましたが、今のところ落ち着いているのが「ツボ押し」「青汁」を使った解消法。

ツボ押しは自分でできるのでタダですし、青汁も飲むだけで便秘と肩こりをダブルで解消してくれるので楽チンです。
 
 

肩こりに効くツボ押し

肩こり

肩こりに効くツボといっても色々ありますが、おすすめのツボは手の平にある「合谷(ごうこく)」と首の後ろにある「肩井(けんせい)」。

それぞれのやり方は次の通り。

「イタ気持ちい!」と感じるくらいまでグーッと押してみましょう。

・合谷(ごうこく)ツボ押し
合谷は親指と人差し指の間にあるツボで、人差し指側のくぼみに向けて押し上げると効果がある事が多いです。パソコン操作の休憩に3秒押して+3秒離してを繰り返しながら、ギューッと押してあげるとスッキリしますよ。
肩こりツボ

・肩井(けんせい)ツボ押し
首の後ろにあるツボ。左右同時に、ゆっくり5秒ぐらいかけてグーーッと押してあげてください。ここは、力を入れ過ぎると揉み返しが来ることもあるので、適度に力を調整してみて下さい。
肩こりツボ

この2つはオフィスでも簡単にできるんでやってみて下さいね^^
 
 

肩こりにおすすめの青汁

青汁

そして、もう一つの肩こり解消アイテムが青汁。

肩こりの原因で見てきたとおり、原因の一つに食物繊維不足がありますが、これを見事にフォローしてくれるのが青汁なんです。

私はやまだの青汁を飲んでいるのですが、これは飲みやすくてかなりおすすめ☆

やまだの青汁

スティックタイプなので1回1回フレッシュなまま飲めます。

やまだの青汁

私はお湯で割って飲むことが多いのですが、味が緑茶と抹茶の間といった感じで、後味もスッキリしてとっても飲みやすいんです。

やまだの青汁

職場でも飲んでいるのですが、同僚たちにも好評で、青汁が苦手だった人もこれは気に入って自分で注文してました(笑)

原料の大麦若葉には食物繊維をはじめ豊富な栄養素がたっぷりと含まれていて、腸の中のいらないものをスッキリ出してくれます。

やまだの青汁

内科胃腸科クリニックの先生も絶賛している様で、

日本食品分析センターによる分析試験成績書を読み解いてみた。
普通の食事では不足しがちな、マグネシウム・亜鉛・マンガンなどの「有益ミネラル」の含有量が多い。ビタミンAはベータカロテンとしてのみ抽出されているので、過剰摂取の心配がない。ビタミンB1、B2、B6がバランスよく含まれているのも目を引いた。これらのビタミンB群によって、疲れにくい、食べたものがエネルギーになりやすい、美肌効果、良質の睡眠、などが期待できるだろう。特筆すべきはトリプトファンが多く含まれていることだ。リラックス・ホルモンと呼ばれるセロトニンは、このトリプトファンから体内で作られる。おいしく飲めて後味も爽快な「やまだの青汁」には、体調を整えるだけでなく心を安らげる効果も期待できそうだ。

と言っています。

やまだの青汁

老廃物が溜まらないから筋肉に酸素が行き届いて肩こりを防げるし、リラックス効果でさらに肩がほぐれます。

女性に嬉しい美肌効果も期待できますし、良質の睡眠までもたらしてくれるのから良いことだらけ☆

「肩こりがひどくって。。」って人は「ツボ押し&青汁」も是非試してみて下さい^^

>>食物繊維たっぷり!やまだの青汁30


関連記事

ピックアップ記事

保険女性

30代・40代の貯金額ってぶっちゃけいくら?(* ̄Oノ ̄*)

(みんな、どうやってやりくりしてるんだろ?) (同じ年代の人ってどれくらい貯金してるのかな?) (子供が成人になるま…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る