松岡修造さんに感謝!!大人になって気づいた『ウサギとカメ』の意味

ウサギとカメ

 
誰もが幼い頃に一度は読んだことのある『ウサギとカメ』

ウサギとカメが山のふもとまでかけっこの勝負をすることになり、足の速いウサギはどんどん進んで途中で居眠りをしていたら、その間にカメが山のふともに到達して勝ってしまった、というお話ですよね?

たぶん、大抵の人がこの話から得た教訓って「人間、怠けている人よりもコツコツ努力をしている人が最後には勝つ」というような事だと思うんです。

スポンサードリンク

 
でも、先日、松岡修造さんの『まいにち、修造!』(PHP研究所)という日めくりカレンダーを見ていたら、『ウサギとカメ』のもう一つの意味について気づかされたんです☆

松岡 修造

出典:アフロスポーツ

 
 
それは、

「ウサギとカメ」を読んで、僕はこう思った。……(中略)カメは最初からウサギなどまったく気にしていなかった。ただひたすらゴールだけを見て自分のベストを尽くした。夢に向かうときは、他人との競争は必要ない。自分が決めたゴールだけを見て、ベストを尽くせばいいんだ。

というもの。
 
 
そう、カメは最初からウサギなんか見ていなかったんです。

ウサギとカメ

極端な話、カメにとってはウサギが歩こうが、走ろうがどうでもよかった。

カメはゴールに辿り着くという1つの目標に向かって、ただそれだけを見つめて一生懸命歩いていただけ。

結果的に、ウサギが寝てしまったからカメが勝ったのですが、カメはウサギに勝つことよりも、とにかく『自分の目指すもの』に到達することの方が大事だったんですね!

わたしもそうですが、大きくなるにつれ、友達がどうの、知り合いがどうのって他人と比べちゃうことが多いんですけど、この教訓を知ってからというもの、『自分の目指すもの』に集中できるようになりました。
 
 
「夢をつかみたいなら今日から君はタートルだ」by 松岡修造
 
 
まさにその通り。

40近くになってようやく気づくことのできた「他人と比べない生き方」

この生き方が自然にできるようになったら、すごく楽だし素敵だなと思いました。

自分なりのやり方、もっともっと大切にしよっと♪^^

>>65万部超の大ベストセラー☆(日めくり)まいにち、修造!

関連記事

ピックアップ記事

オージュンヌ

アトピー肌専用化粧水☆スキンケア大学注目の「オージュンヌ」

[写真後] スキンケア大学の記事「大人のアトピー性皮膚炎について」でおすすめされていたのを見てからずっと気になっていたEauJeune(オ…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る