ココナッツオイルの健康&美容効果は?おすすめのレシピとメーカーも!

ココナッツオイル

ミランダカーやジェニファー・アニストン、アンジェリーナ・ジョリー、ギネス・パルトロウ、ジゼル、道端ジェシカちゃん、石原さとみちゃん、ローラちゃんなど、キレイ有名人を次々と虜にしている話題のココナッツオイル。

TVではNHKの「あさイチ」でも取り上げられましたよね^^

今日はそんなココナッツオイルの「健康・美容効果」と「おすすめレシピ」、「おすすめメーカー」について!

スポンサードリンク

 

ココナッツオイルの健康効果・効能

ココナッツオイル

健康にいいとされるココナッツですが、まずはその効能についておさらいしたいと思います。

・脳に栄養を送る
ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸は、消化器官から肝臓に送られ脳に栄養を与えてくれるので、認知症やアルツハイマーなどの脳疾患に良いといわれています。

・消化機能の改善
脂肪酸には殺菌作用があり、消化不良を起こす細菌や寄生虫を除去し、下痢や便秘などの消化器官の病気を予防してくれます。

・食欲を減らす
ココナッツオイルを摂取することで作られる「ケトン体」には食欲を減らす効果があり、ダイエットに効果的だといわれています。

・カロリー消費を助ける
ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸は、消化吸収が早く長鎖脂肪酸の約4倍も早く分解されてエネルギーになるといわれています。また、エネルギー消費量も5%以上もUPするといわれています。

・お腹周りの脂肪を減少
ある研究では、腹部脂肪に悩む40代女性に30mlのココナッツオイルを毎日摂取してもらったところ、12週間でBMI(肥満度)の数値が減少し、ウエストが細くなったという結果が出たそうです。また、別の研究では1日30mlのココナッツオイルを飲んだ20代の男性ウエストが4週間で2.86 cm細くなったそうです。

2014y01m30d_192531088

・炎症を予防する
ココナッツに含まれる脂肪酸と分解物質が、細菌やウィルスなどの病原体を除去し炎症を抑えてくれます。

・発作やけいれんの減少
中鎖脂肪酸がケトン体の血中濃度を高め、発作やひきつけを軽減してくれます。

・コレステロールを改善
ココナッツオイルに含まれるラウリン酸が余分なコレステロールを取り去ってくれるので、高コレステロール値や高血圧が原因となる心臓病を予防できます。

・肌と髪に潤いを与える
ココナッツオイルが肌と髪に潤いを与えてくれます。ある研究では、ココナッツオイルを塗ることで紫外線が20%もカットできたという結果がでたそう。

・虫歯と口臭予防
ココナッツオイルで口をすすぐ事により、口内の細菌を除去でき、口臭も改善できます。

口臭

・細菌やウィルスを撃退
抗菌性脂質やラウリン酸、カプリン酸、カプリル酸が抗菌作用を発揮し、免疫力を高めてくれます。ヘルペスやインフルエンザ、HIVなど、細菌やウィルスが元で起こる病気に対しても有効だといわれています。

・カンジダの症状を改善
かゆみと乾燥、炎症を生じさせるカンジダですが、保湿効果の高いココナッツオイルを少量塗ることにより、肌が切れたり剥けたりするのを防ぐことができます。

・デトックス効果
ココナッツオイルに含まれる脂肪酸が消化機能を正常にし、体内の老廃物を排除してくれます。ココナッツオイルを飲むとお腹が張ったりおならが増えたりするという人がいますが、これは老廃物がガスとして体の外に出るためだといわれています。

・便秘解消
保湿成分が腸内を潤してくれるので便通が良くなります。

・糖尿病の予防&改善
中鎖脂肪酸が血糖値の上昇を防いでくれるため、糖尿病の予防や改善に役立つといわれています。

・甲状腺機能の改善
脂肪酸が代謝を促進し、甲状腺の機能を高めてくれます。
 
 

ココナッツオイルの活用法・利用法

ココナッツオイル

ここまで、ココナッツの効能についてみてきましたが、次はその使い方について☆

使用方法としては、食用ココナッツオイルを食べる方法と、肌や髪に塗る方法(スキンケア・ヘアケア)があります。

口から取り入れる方法は、消化器官や甲状腺、肝臓など、体の重要な器官にダイレクトに成分が届くことから、健康に対してより多くの影響を与えることができます。

ちなみに、ココナッツオイルの推奨摂取量は、成人で1日 大さじ3.5杯。

そのまま食べても良し、料理に混ぜても良し、ドリンクにしても良し、使い道もさまざま。

一度に摂取すると、デトックス反応でお腹が緩くなる事もあるので、3.5杯を小分けにして摂取していくのがいいかもしれません。
 
 

普通のオイル vs バージンオイルの違いは?

ココナッツオイル

今人気のココナッツオイルですが、普通のオイルからエキストラバージンオイルまで種類が色々あって迷いますよね。

ただ、健康法として用いるのなら、断然「バージンオイル」をおすすめします。

普通のココナッツオイルはバージンオイルに比べ安いのですが、食品として市場に出すために精製・漂白・香り付けがなされています。

一方、バージンオイルは無精製、無添加、非加熱抽出法によって作られていて、精製・漂白・香り付けなどの加工が一切されていません。

また、バージンオイルは40℃以下の低温で圧搾して抽出されるCold-Press法(低温圧搾法)を用いて抽出されているのですが、この方法により油分だけでなく酵素も搾り出してくれています。

このことから、バージンオイルは普通のオイルに比べ栄養価が高く、安心して口にできるといえます。

ちなみに、「バージンココナッツオイル」と「エキストラヴァージンオイル」の違いですが、これらはマーケティング的に呼び方が違うだけで、内容に違いはないのだとか。

ココナッツでヘルシーになりたいと考えている人は「バージンココナッツオイル」または「エキストラヴァージンオイル」を選んでみてくださいね ^^
 
 

ココナッツオイルのおすすめレシピ

ココナッツオイル

ここでは、簡単にでき、健康と美容に抜群のココナッツオイルを使った料理やドリンクをご紹介☆
 
 
■ココナッツ・トースト
ココナッツオイル

【材料】
食パン 1枚
バージンココナッツオイル 大さじ2杯
はちみつ 少々
お好みでシナモンパウダーもプラス

【作り方】
①トーストにココナッツオイルを塗って焼きます
②焼き目がついたら取り出し、はちみつとお好みでシナモンパウダーをかけて出来上がり
 
 
■ココナッツオイル・フレンチトースト
ココナッツオイル

【材料(1人分)】
食パン 1枚
調整豆乳 80cc
はちみつ 5g
玉子 1玉
エキストラヴァージンオイル 10g

【作り方】
①卵をいれて混ぜ、そこに豆乳とハチミツを加える
②①にパンを入れ、液を染み込ませる
③フライパンにココナッツオイルを入れ、②を焼き、焼き目がついたら出来上がり
 
 
■ココナッツオイル・リンゴ焼き
ココナッツオイル

こちらはローラちゃんもスマスマで食べていると言っていた料理です。

【材料】
リンゴ 1個
バージンココナッツオイル 大さじ2
はちみつ 少々
シナモン 少々

【作り方】
①りんごの皮を剥く
②フライパンを熱し、ココナッツオイルを入れて温める
③リンゴを焼いてはちみつとシナモンをかけてできあがり
 
 
■炊飯器で作るココナッツ・ピラフ
ココナッツオイル

【材料】
米 3合
ウインナー 5本
人参 100g
ピーマン 2~3個
玉ねぎ 小1玉

★調味料
コンソメ 9g
カレー粉 大さじ2
塩 少々
ココナッツオイル 大さじ1と1/2

【作り方】
①野菜とウインナーを細かく切ります
②お米を研ぎ、水を切って炊飯器に入れます
③水と調味料全部を入れて、軽く混ぜます
④③に野菜を入れ、炊飯器のボタンを押します
⑤炊き上がったらほぐしてできあがり
 
 
■ココナッツ・チキンカレー
ココナッツオイル

【材料】
鶏ひき肉 400g
玉ねぎ 1個
ニンニク 適量

★調味料
ココナッツオイル大さじ1
塩・こしょう 適量
カレー粉 大さじ2
ガラムマサラ 大さじ1
小麦粉大さじ 2
水 1カップ
トマト水煮缶 半分
コンソメ 1個
ウスターソース 大さじ2
醤油 大さじ1
バルサミコ 大さじ半分

【作り方】
①火の通った鍋にココナッツオイルを入れ、みじん切りにしたニンニク、玉ねぎを炒める
②ニンニク、玉ねぎがしんなりしいたら、肉を加え炒める
③塩・こしょう、カレー粉、ガラムマサラを加えてさらに炒める
④小麦粉をザルで振りいれザッと混ぜたら、水を少し加えてとろみをつける
⑤トマト缶、コンソメ、ソース、醤油、バルサミコを入れて混ぜながら煮詰めてできあがり
 
 
■青パパイヤのココナッツサラダ
ココナッツオイル

個人的には一番おすすめです☆

【材料】
青パパイヤ 1個(なければキュウリやニンジンでもOK)
にんじん 半分(5cmくらい)
キュウリ 1/2本
水菜 半株
パプリカ 1/4
ピーナッツ 少々
お好みでパクチー

★ドレッシング
スイートチリソース 大さじ3
酢 大さじ1
ナンプラー(なければ醤油) 小さじ1.5
レモン汁 小さじ1.5
バージンココナッツオイル 小さじ1

【作り方】
①青パパイヤを半分に切り、種があればスプーンなどを使って取り出します
②ピーラーで皮を剥き、千切りにします(スライサーで薄く切ってから切ると細く切れます)
③ボウルに水を張り②を入れて15分程あく抜きをします
④他の野菜も千切りにします
⑤全ての調味料を混ぜ合わせておきます
⑥青パパイヤの水をしっかり切り、他の野菜とドレッシングを加えます
⑦ピーナッツを包丁で砕いてサラダに加えササッと混ぜて出来上がり
 
 
■ココナッツオイル入りHOTレモン
ココナッツオイル

【材料(1杯分)】
ヴァージンココナッツオイル 小さじ1
レモン 1/2個
はちみつ 適量
お湯 150~200cc

【作り方】
①レモンを絞ります
②ココナッツオイルとはちみつを加え、沸騰したお湯をそそぎます
 
 
■豆乳HOTココア
ココナッツオイル

【材料】
ココアパウダー 小さじ2
豆乳 150ml
ヴァージンココナッツオイル 小さじ1
※好みで、はちみつをプラス

【作り方】
①鍋にココアパウダーを入れ、豆乳を少し入れてペースト状にします
②残りの豆乳を加えていき、全部入れたらココナッツオイルを入れ火にかける
③お好みではちみつを足してできあがり
 
 
■ココナッツコーヒー
ココナッツオイル

【材料】
ヴァージンココナッツオイル 大さじ1
ブラウンシュガー 小さじ2
牛乳 適量
コーヒーの粉 適量

【作り方】
①鍋にココナッツオイルとブラウンシュガーを入れて煮立たせます
②そこへ好きな量の牛乳を入れ、さらに煮立たせます
③最後にコーヒーの粉を入れてできあがり
 
 
■ココナッツオイル・ヨーグルト
ココナッツオイル

【材料】
ヨーグルト1 100g
ココナッツオイル 大さじ1
※お好みではちみつをプラスするのもアリ

【作り方】
①ココナッツオイルをレンジや鍋で温め、液状にする
②ヨーグルトにココナッツオイルをかけてできあがり
③お好みでハチミツをかけて混ぜたら出来上がり
 
 

人気のココナッツオイル

ココナッツオイル通販

沢山種類があるココナッツオイルですが、今日はオーガニック(有機)として質が高く、通販で購入できるココナッツオイルを3つご紹介★
 
 
JAS有機認定【サンフード・エキストラバージンココナッツオイル】

美容家の中で一番人気がこのオイル。
栄養素や酵素が多く含まれていて、新鮮で味わいもまろやか。
口どけも滑らかで、香りもとってもいいです。
スキンケア、ヘアケアにも使えるのでトータルで美をサポートしてくれます。
 
 
ココウェル【オーガニック・ココナッツオイル】

ミランダカー愛用ココナッツオイルとしても有名なココナッツ油。
ミルク分を分離する熟成の時間と温度にまでこだわりぬいた、甘いココナッツの香りのエキストラバージンオイルです。
オーガニック認証「ECOCERT」や「USDA ORGANIC」を取得したオイルを100%使用し、完全無添加で仕上げてあります。
 
 
Dr.ブロナー【ヴァージンココナッツオイル】

USDA(米国農務省)の認定を受けたオーガニック ココナッツオイル。
薄皮を残したまま圧搾しているので栄養価が高く、プロのパティシエが指名買いするほど、味と香りが良い。
セット買いするとお得なので、毎日食べたい!家にストックしたい!って方におすすめです。
 
 
いかがでしたでしょうか?

他にも「こんな食べ方もおすすめだよ!」ってのがあれば、お便りをお待ちしておりまーすヾ(*´∀`*)ノ

待ってまーす

関連記事

ピックアップ記事

ファンデーションランキング1位☆40代・50代におすすめの神ファンデ

[写真後] シミやしわが目立ち始める40代・50代ですが、ファンデーション選びをちゃんとしないと1年後にハッキリと差が出ます。 …

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る