たったコレだけ?下腹スッキリ☆超簡単の豆乳ダイエット

豆乳ダイエット

お腹だけでなくカラダ全体がドンヨリーヌになる生理前。

 
下っ腹に何かが溜まっていく感じがして、カラダがやたら重いんですよね^^;

放っておくとムクムクと肥えていってしまう生理期間ですが、実はダイエットにとっては絶好のチャンス☆

今回は、健康にも美容にもいい豆乳を使った生理前ダイエットについて!

スポンサードリンク

生理・ホルモンバランスとダイエットの関係

生理とダイエット

生理前ダイエットを効果的に行う為に、理解しておいた方がいいのが生理の周期。

 
生理周期によってホルモンバランスが変化するのですが、この変化を利用する事がダイエットを効果的に行う鍵になります。

ダイエット

ホルモンは卵胞期、排卵期、黄体期、月経によって変化していくのですが、この間に増えたり減ったりしているのが卵胞ホルモンの「エストロゲン」と黄体ホルモンの「プロゲステロン」。

 
排卵後期~次の生理までは「黄体期」 と呼ばれ、プロゲステロンの分泌が盛んになり、むくみやすくなります。

また、生理に近づくと気持ちの安定に大きく影響を及ばす「セロトニン」という脳内分泌物が減少するので満腹感が減り、食欲をコントロールするのが難しくなってきます。

ただ、この期間は妊娠した状況に備えて自分を守ろうとする大切な時期で、心もカラダも不安定になりやすいため無理なダイエットはNG。

「いかにストレスなく食事をコントロールし、”溜めないカラダ”を作るか」 がダイエットのポイントになってきます。

 

溜め込み防止で痩せるメカニズム

ダイエット

溜め込みやすい「黄体期」に比べ、月経が終わる頃の「卵胞期」には女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が増え、ココロもカラダも軽く感じられます。

特に、生理が終わってから1週間くらいは代謝もUPし痩せやすい状態に!

そして、この変化を利用するとダイエットが成功しやすいといわれています。

どの様に体重が変化していくのかと言うと。。

例えば、普段の体重が60kgあったとします。

そのまま生活していれば、黄体期に体重が増え、卵胞期にその分が落ちることになります。

普通: (黄体期:+2kg)+(卵胞期:-2kg)=±0で60kgのまま。

でも、黄体期に体重が増えないようにコントロールしてあげると、

生理前ダイエット: (黄体期:±0kg)+(卵胞期:-2kg)=-2で58kg

になり、結果的に体重が減るということになります。

黄体期に体重が増えなければ、普段からある脂肪が燃焼して減るので普通よりも痩せるという事になるんですね!

 

なんで豆乳がいいの?

豆乳

ここまでは、黄体期に食事をコントロールすることで体重の増加を防ぎ、結果的に体重が減るという話をしてきましたが、次は「何を使って食事をコントロールするのか」についてみていきましょう。

 
今まで見てきた通り、黄体期には

①むくんだり、脂肪や老廃物が溜まりやすい
②食欲のコントロールがしにくい

という2つの問題がありました。

ただ、逆にいえば「カラダの巡りを良くして、食欲をコントロールできる食事」であれば、体重が落ちるということですよね?

で、この条件を満たしてくれるのが豆乳なんです。

豆乳

豆乳のダイエット効果は次の通り:

・食べ過ぎを防いでくれる

大豆サポニンが満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防せいでくれます。
また、大豆たんぱく質も分解されるのに時間がかかるので満腹感を得られやすい。
食前に摂取することで過食や「ついつい食い」を防げます。

・脂肪の吸収を防ぐ
大豆サポニンには脂質の代謝を促進する働きもあり、入ってきた脂肪をどんどん外に出していく事ができます。また、大豆サポニンには便を柔らかくする働きもあるので、脂肪が出やすくなります。

・新陳代謝アップ
女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが代謝を促進してくれ、ビタミンEも血行を良くすることで代謝をサポートしてくれます。

・脂肪燃焼を高める
大豆たんぱく質が脂肪を燃やし「脂肪が溜まりにくいカラダ」を作ってくれます。
鉄分も脂肪分解酵素の働きをサポートし、脂肪燃焼をUP!

・便通が良くなる
大豆に含まれるオリゴ糖が腸の動きを整えて不要なものを外に出してくれます。

・精神を安定させ暴飲暴食を防ぐ
レシチンやビタミンB群、マグネシウムなどが神経やホルモンの動きを整えてくれるので食欲をコントロールするのに役立ちます。

・むくみを予防
カリウムがむくみの原因となる余分なナトリウムを外に出してくれます。

この様に、豆乳は色んな角度からダイエットをサポートしてくれるのです。

 

豆乳ダイエットの方法は?

豆乳

豆乳ダイエットのやり方はすごく簡単で、生理前の1週間、豆乳を1日200ml飲む だけ。

 
飲むタイミングは「食前」がおすすめで、特に、朝食の30分前に飲むと腸が効率よく動いて便通がよくなります。

いきなり食事からスタートしちゃうと、血糖値が上がって、カラダが(エネルギー余ってんのね?んじゃ、イザというときの為に溜めとくわ♪)って脂肪を溜めちゃうから、血糖値を徐々に上げてくれる豆乳からスタートするといいですね。

あと、置き換えとして飲んでももちろん◎

生理前の脂肪が溜まりやすい時期に、新陳代謝を活発にし、満腹感をコントロールすることで体重を減らす豆乳ダイエットですが、「お! ちょうどお腹が気になってたんだよねぇ~」って人はぜひ試してみて下さい(^-^)/

※ただし、飲みすぎは逆効果になる事もあるのでご注意を!
↓およねこおすすめの「しみ込む豆乳飲料」。
低カロリーでとっても美味しい。
スッキリお腹と同時に美肌もGETできるのでリピしてます!
しみ込む豆乳

関連記事

ピックアップ記事

保険女性

30代・40代の貯金額ってぶっちゃけいくら?(* ̄Oノ ̄*)

(みんな、どうやってやりくりしてるんだろ?) (同じ年代の人ってどれくらい貯金してるのかな?) (子供が成人になるま…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る