痩せたいなら眠るべし!

寝る痩せる

寝不足が続くと太るのは、深夜に食べてしまうから。。 

と思いがちですが、最近の研究で実は寝不足自体がホルモンを乱して太らせるという事が分かってきたそう。

 
これは一体どういうこと?!

スポンサードリンク

眠らないとなぜ太る?

寝る痩せる

最近の研究によると、寝不足がホルモンに働きかけて脂肪を蓄えようとするということが分かってきたらしい。

 
例えば、満腹中枢に働きかけて食欲を抑えてくれる「レプチン」というホルモンは寝不足が続くと減少するといわれています。

一方で、食欲を増進させる「グレリン」というホルモンは増えるので、寝ていないと食欲が増して、食欲を抑制する力が減ってしまうのです。

また、寝不足はカラダにとってはストレスですし、ストレスが過剰になると抗ストレスホルモンである「コチゾール」の分泌が増えて、甘いものや炭水化物が欲しくなります。

糖が過剰になると、今度はインスリンが増えて脂肪合成が促進されることに。。

この様に、寝不足によってどんどん「デ」の道に近づいていくのです。

 

睡眠のポイント

寝る痩せる

睡眠が十分でないと太りやすくなるということは分かりましたが、ただただ寝れば良いというものではありません。

 
「いい眠り」は

睡眠時間×睡眠の質×寝る時間帯

の3つが整っていること。

12時前には寝て、最低でも7時間の睡眠をとるのが理想的だといわれています。

(食事を減らしてもなかなか痩せないんだよねぇ~)という人は、睡眠から変えていってもいいかもしれませんね ^^

関連記事

ピックアップ記事

毎日酵素

ダイエット・減量の食事サポートには!低カロリーの「毎日酵素」

「ダイエットに良い」と言われている酵素ですが、中にはカロリーが高いものも! 「ココナッツ」 食事制限をしていてもトータルカロリー…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る