美人の素はお味噌汁?!

味噌汁

みなさん、毎日お味噌汁を飲んでますか?

 
お味噌汁にはミネラルやたんぱく質、さらには老化を防ぐ抗酸化成分などが多く含まれていて、美容には最強の食事だといわれています。

女優さんやモデル、美容家にも味噌汁マニアが多いことからも、お味噌汁がキレイにどれだけ貢献しているかが分かりますよね。

今回は、飲むだけで冷えや肌荒れ、胃腸の不調も吹っ飛ばしてくれるお味噌汁について☆

スポンサードリンク

お手軽サプリのお味噌汁

味噌

お味噌汁のいい所は具を変えて、色んな風にアレンジできるところ。

食材によってビタミンやミネラル、カルシウムなどを自由自在にカスタマイズできますし、組み合わせによってはハイパーミネラルな飲み物に変えることができます。

しかも、栄養分を水分と一緒に摂取できるので栄養の吸収率も良く、カラダも温まるので一石二鳥ですしね♪

皮膚科医の友利新先生も 『発酵力と具材の栄養素を丸ごと摂れる味噌汁は飲む点滴!』 と絶賛するほど、そのパワーはスゴイんです☆

中にはむくみを気にして味噌汁を避ける人もいますが、カリウムを摂ることで余分なナトリウムを排出できるので、実際にはむくんだり血圧があがることは殆どないんだとか。

 

美肌と美腸を作る

肌

美人にお味噌汁好きが多いのも有名ですが、お味噌汁がスゴイ理由はまだまだありました!

 
1.ミネラルが豊富で吸収力も抜群
味噌汁1杯(約150cc)に含まれるミネラルはミネラルウォーター500mlの100倍以上もあるのだとか! なかなか吸収されにくいミネラルですが、お味噌に含まれる大豆のたんぱく質がサポートしてくれるので吸収率も抜群。

2.カラダを温めてくれる
飲むだけでカラダが芯から温まります。食事の一番初めにお味噌汁を飲むことで、冷えると動きが鈍くなる胃腸も温められ、消化機能もUP↑↑

3.大豆イソフラボンが抗酸化作用を発揮
大豆に含まれるイソフラボンは、ホルモンバランスを整える抗酸化食品。枝豆や煮豆を食べるよりお味噌汁や納豆などの発酵された食材から摂る方が消化もよく、イソフラボンの吸収率もアップ。

4.腸内環境を整える
『肌がキレイな人は腸がキレイ』といわれるように、美人を作る上で腸内環境を整えることはとっても大事。大豆を発酵させて作る味噌は酵素が増えるだけでなく、乳酸菌も増えるので腸内の善玉菌を活性化させて消化吸収や排泄をサポートしてくれます。

 

美味しいお味噌汁を作るコツは?

味噌汁

せっかく飲むなら美味しい方がいいですよね ^^

 
ここでは、お味噌汁をさらに美味しくするコツをご紹介☆

  • だしは基本お好みでOK。腸内環境をさらに強化したいって人は、発酵食品である「かつお節」を選ぶと良し 
  • 飲むタイミングは朝食の時がベスト! 体が温まって動きやすくなります。また、夕食時に飲むと、寝ている間に発酵成分が腸に届いて腸内環境が改善されます 
  • 味噌の種類は「豆」「米」を選ぶといいです。麦のお味噌も出ていますが、小麦製品はカラダを冷やしてしまうので効果が半減してしまう恐れがあります 
  • 薬味もできたら入れると◎ ねぎや生姜、ゆずコショウなどは抗酸化成分が多いので、美容をサポートしてくれます。唐辛子はカラダを温めてくれる七味を使ってあげるとGood! 
  • 冷え性の人は夏野菜は避けるべし! 夏野菜は体を冷やしてしまうので、体を温める汁物と一緒に摂ると効果が減少してしまいます。体を温める効果をUPするなら、海草や芋類がおすすめです 
  • インスタントでも味噌を飲むことに意義アリ! 最近ではインスタントでも美味しいものが多いので、忙しい人やお味噌汁を毎日作るのが面倒って人は、インスタント商品を活用してお味噌汁を飲む習慣をつけましょう 

 

おすすめ味噌汁の作り方

味噌汁

まずは、肌と腸にとってもいい最強お味噌汁の作り方をご紹介。
 
「美容成分たっぷり☆牛肉たっぷりほかほか汁」

【材料(二人前)】
・牛肉 200g
・ごぼう 1本
・にんじん 30g
・長ネギ 6cm
・生姜 1かけら

・水 3カップ
・かつおぶし 15g
・日本酒 大さじ2
・味噌 大さじ2
・七味唐辛子 適量

①皮をそいだごぼうとネギ、にんじんを細切りにし、水にさらしてから水気を取る。生姜は皮がついたままの状態で千切りに
②鍋に水を入れて軽く煮立たせながらかつお節を入れて1分煮る。
※かきまぜるとあくが出やすいのでNOタッチプリーズ☆
③一旦火を止めて、かつお節が鍋底に沈んだら、網でそっとすくい取る。
※多少のかつお節が残っていてもモーマンタイです^^
④だし汁に牛肉を入れて中火にかける。煮立ったら火を弱めてアクを取り、生姜と日本酒を加えて弱火で10分ほど煮る
⑤ごぼうとにんじんを加えて5分ほど煮る
⑥野菜に火が通ったら味噌を溶きいれる
⑦ネギを加えてサッと火を通したら器に盛る
⑧七味とうがらしをふってできあがり
 
 
「冷え改善☆さつま汁」

さつまいも

体を温める効果が高く、加熱してもビタミンCが崩れないさつまいもにおろし生姜を加えたお味噌汁です。

 
【材料(二人前)】
・豚肉 60g
・大根 2cm
・にんじん 2cm
・さつまいも 60g
・生姜 1かけ
・だし汁 2カップ
・味噌 大さじ2

①豚汁は食べやすい大きさに、大根とにんじんはいちょう切り、さつまいもは半月切りにしておく
②鍋にだし汁を入れて火にかけ、①を入れて中火で沸騰させてアクを取る
③野菜に火が通ったら、味噌とおろした生姜を溶き入れます
 
 
「美肌UP☆かぶと高野豆腐のお味噌汁」

高野豆腐お味噌汁

高野豆腐は鉄分、老化予防のサポチン、コレステロールを抑えるレシチン、食物繊維などが豊富で栄養成分がギュッと詰まっています。

 
【材料(二人前)】
・葉つきかぶ 2つ
・高野豆腐 1個
・だし汁 2カップ
・味噌 大さじ2
①かぶの皮を剥きくし切りにし、葉の部分も3cmくらいに切っておく
②乾燥した状態の高野豆腐は摩り下ろし金ですりおろす
③鍋にだし汁を沸かし、①②を入れて火が通ったら味噌を溶きいれてできあがり
 
 
「疲労回復に☆長いも味噌汁」
長いも味噌汁

長いものネバネバにはコンドロイチンなど疲労回復成分がたっぷり。生なので酵素も摂れて一石二鳥。

 
【材料(二人前)】
・長いも 100g
・万能ネギ 1本
・だし汁 2カップ
・味噌 大さじ2と1/2
・七味とうがらし 少々

①長いもは皮を剥いて細めの薄切りに、万能ネギは小口切りにする。
②鍋にだし汁を入れて中火にかける
③煮立ったら味噌を入れて火を止める
④器にいもと万能ネギを入れて、汁をそそいで七味をかけてできあがり
 
 
「美髪・爪に☆ニラとかき玉汁」
ニラ味噌汁

育毛に必要な硫黄成分や葉酸、クロロフィル、アリシンを含むニラで髪や爪を作る細胞に栄養を届けましょう。
 
【材料(二人前)】
・ニラ 30g
・長ネギ 1/2本
・卵 2個
・だし汁 2カップ
・味噌 大さじ2

①ニラは3cmに切って、長ネギは斜め切りにしておく
②鍋にだし汁を沸かし、①を入れてひと煮立ちさせる
③味噌を加え、ときほぐした卵を回しながら入れてできあがり

☆およねこおすすめの味噌はこちら↓
香りが爽やかで味もまろやか。どんな料理にも合うので使い勝手がいいですよ☆

関連記事

ピックアップ記事

美肌作りに!キューピー発sapuri「ヒアロモイスチャー240」

乾いた風が頬に当たるたびに感じる乾燥。 カサカサと音が聞こえてきそうなくらい乾燥しているのが自分でもよく分かりますよね。 …

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る