外反母趾の予防と改善方法は? ( ノ゚Д゚)

外反母趾

可愛いパンプスやサンダル、ブーツを選ぶ時にちょっと気になるのが足への負担。

 
長さや幅が合っていない靴を履き続けると足の骨が曲がってしまうこともありますし、既に外反母趾の人は無理に履き続けると手術をしなければいけないほど悪化してしまう場合もあります。

また、足が曲がると全身に歪みが広がり、他の病気を引き起こすことも!

「痛っ!!」 となる前に、きちんとケアしていきましょう。

スポンサードリンク

外反母趾とは?

外反母趾

もともとアーチ状の曲線を描いている足裏ですが、年齢と共にじん帯と筋力が弱まっていき徐々に平らになっていきます。

 
すると、横幅が広がっていき、靴を履いたときに親指が側面に当たって内側に曲がってしまいます。

この症状が一般的に外反母趾と呼ばれます。

生まれ持った遺伝子などの先天的な要因と、環境による要因があるそうですが、成人女性の場合は筋力の弱さとヒール靴などが主な原因だといわれています。

 

他の病気ってどんなものがあるの?

外反母趾
指が曲がっていると、歩く際にその部分に力を入れて蹴りだす動作になるので、その不自然な歩き方によってタコの目ができやすくなります。

 
また、足に合わない靴や幅の狭い靴に足を無理やり押し込んだ状態で歩くと、親指だけでなく小指も内側に入ってきて内反小趾になってしまうことも。

さらに、足の指先が曲がったハンマートゥや、爪が横方向に広がってしまう巻き爪なども外反母趾が原因で起こることが多いようです。

 

外反母趾にならないためには?

外反母趾

外反母趾の予防策としてまず最初に挙げられるのは、「足にあった靴選び」「歩き方」!

 
甲の部分がしっかり押さえられているタイプの靴が理想的で、この様な靴であればスムーズな動きと共に筋肉をきっちり鍛えることができます。

スニーカーやバレーシューズの様な平らな靴でも、歩く度に甲が浮いてしまうような靴では外反母趾のリスクは同じ。なので、フラットシューズであっても甲全体をホールドするようなデザインを選ぶようにしましょう。

ハイヒールは歩く時に全部の指を使って蹴りだせ、且つかかとが脱げないものを選ぶのがベスト。

歩き方は、後ろ足をしっかり蹴り上げる感じで、筋肉を使って歩くのがポイントです。

 

外反母趾になってしまったら?

外反母趾

じん帯自体を鍛えることは難しいですが、マッサージやトレーニングで固まったじん帯を柔らかくすることは可能です☆

 
手の指を足の指の間に挟んで揉みほぐしてあげたり、タオルを両足の指でつかんで左右にギューッと広げたりすることで関節の筋肉を鍛えて足裏のアーチ崩れを防ぐことができます。

TVを見ながらでも簡単にできるマッサージやエクササイズなので、『もしかすると、外反母趾かも?!』って人はやってみてくださいね(^O^)/

関連記事

ピックアップ記事

お尻二キビ黒ずみ

女性のお尻二キビ・ブツブツおでき・吹き出物に☆ピーチローズ

だんだん暖かくなって温泉旅行やプール、海などに出かける機会も多くなりましたが、 「お尻」の準備はできていますでしょうか? …

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る