女性必見!加齢臭の原因はノネナールともう1つ!ミドル脂臭との違いは?

最近、自分の臭いが変わったような気がする
自分が近づくと周りの人が離れ気味になってる気がする

それ、もしかすると加齢臭が原因かもしれません。

中年男性のイメージがある加齢臭ですが、女性からも加齢臭がでるので対策が必要です。

今回はそんな加齢臭の原因と対策についてみていきましょう!

>>水素サプリ【H2Supplement】の詳細はこちら

Sponsored Link

 加齢臭とは

加齢臭とは、中年以降に気になり始める体臭の俗称です。

オヤジ臭ともいわれていて中年の男性の匂いのイメージがありますが、加齢臭は女性からも発せられます。

Sponsored Link


 
 

 加齢臭の原因は?

加齢臭の原因は主に2つあるといわれています。

1つは2-ノネナール(C9H16O)という物質で、皮脂の中にある9-ヘキサデセン酸で、9-ヘキサデセン酸が酸化・分解されることで生成されます。

加齢とともに体臭が強くなるのは、年をとると共にノネナールを生成する9-ヘキサデセン酸が増加するため。

特に皮脂の分泌量の多い部分からの臭いがキツくなるといわれています。

また、肉類や揚げ物などの脂っこいものを多く食べると皮脂腺の分泌が増えてノネナールが増加して臭いが強くなります。

そして、加齢臭を引き起こすもう1つの原因は活性酸素だといわれています。

活性酸素は、体の中に侵入した細菌を攻撃する物質で私たちの健康に欠かせないもの。

ただ、増えすぎると老化やガン、生活習慣病などを引き起こすので、体の中にはこの活性酸素を抑制するシステムがあります。

このシステムは若いうちはきちんと作動しますが、中高年に差し掛かってくるとうまく働かなくなります。

その為、中高年になると体の中に活性酸素が増えて過酸化脂質も増加し、脂肪酸の酸化が進んでノネナールも増えてしまうことになるのです。

Sponsored Link


 
 

 加齢臭の予防方法

独特の臭いを放つ加齢臭ですが、ノネナールという皮脂の中に存在する物質が原因で引き起されるため、清潔にしているだけでは防ぐことはできません。

清潔にして一時的に皮脂を落とすことはできても、完全に取り除くことはできないからです。

では、この加齢臭を予防できる方法はあるのでしょうか?

現段階では加齢臭を消す薬はないといわれていますが、消臭ケアによって加齢臭の発生をできるだけ防止することはできます。

一般的には「ノネナール」を抑制する抗酸化作用成分を配合した次のケアが主流になります。

● 漢方(クマ笹)
● 加齢臭サプリ
● 加齢臭石鹸
● 加齢臭シャンプー
● 加齢臭 ボディソープ
● 加齢臭スプレー

この中でも特に注目されているのがサプリです。

加齢臭の原因の1つが活性酸素ですが、この臭いの原因となる活性酸素を除去することで臭いを抑制することができます。

特に、酸化を抑える作用のある水素は酸化が原因となって発生する臭いに対して強い効果を発揮すると考えられています。

水素原子はあらゆる原子の中で最小の元素のため、身体のあらゆる場所に浸透しやすいと考えられることから「他の抗酸化物質にくらべ優れた効率性を持った抗酸化物質である」と期待されています。

>>水素サプリ【H2Supplement】の詳細はこちら
 
 

 加齢臭ってどんな臭い?

臭いの感じ方は人によって異なりますが、加齢臭は次の様な臭いに例えられることがあります。

◆ 枯れ草のような臭い
◆ ロウソクのような臭い
◆ チーズのような臭い
◆ 古本のような臭い
◆ カメムシの臭い
◆ スイカの皮の臭い

このように、加齢臭は嗅いだ人によって感じ方が違います。

ただ、どれもニオイとはいえませんよね?(汗)

自分の印象を下げてしまわないためにも、加齢臭はできるだけ抑えたいですね。

>>あらゆる部分のニオイ対策に【デオプラスラボ_プラチナム】の詳細はこちら


 
 

 加齢臭が出やすいのはこの8部位

次のパーツは特に体臭が出やすいといわれています。

● 頭皮
● 耳や耳の後ろ
● 首
● 両脇
● 背中の中心線
● 胸やデコルテ周辺
● おへそとその周辺
● 陰部とその周辺

これらのパーツ名を見てドキッとした人も多いハズ。

加齢臭が強くなりがちなこれらのパーツは要注意です。


 
 

 加齢臭が出る年齢は?

加齢臭は一般的に40代から発生するといわれています。

30代~40代で発生する古い油の様な体臭は「ミドル脂臭」と呼ばれ、発生のメカニズムも加齢臭とは異なります。
 
 

 ミドル脂臭の原因とメカニズム

ミドル脂臭とは、30代~40代の男性特有の体臭のこと。

ミドル脂臭の原因となっているのが「ジアセチル」という成分で、汗に含まれる乳酸が、頭皮に常在しているブドウ球菌により分解されることにより生成されます。

廃油のような古い油の臭いが特徴で、口臭の1.4倍、足臭の1.5倍の臭いだともいわれています。

頭部やその周辺から発生しやすく、臭いが広がりやすいという特徴があるので、知らず知らずのうちに他人に嫌な思いをさせ、自分だけが気づいていないということも!

>>水素サプリ【H2Supplement】の詳細はこちら
 
 

 加齢臭は衣類につくとなかなか落ちない

加齢臭は衣服についてしまうとなかなか落とすことができないので、洗濯の仕方にも気を配る必要があります。

衣服は消臭ケアをおこない、定期的にお手入れすることをおすすめします。

\楽天ランキング第1位の加齢臭洗剤/

 
 

 加齢臭で口臭も悪化する!?

加齢臭は老化が原因の体臭を指す言葉ですが、年齢とともに体の機能の低下が影響して臭いが発生するという点では、口臭も加齢臭の1つといえるでしょう。

加齢による口臭で一番多いのは、唾液の分泌量の低下。

唾液は口の中を潤し、食べ物の食べかすを洗い流したり、歯周病菌、虫歯菌などの雑菌を殺菌洗浄する作用を持っています。

ですから、唾液の分泌が多ければ、口の中はある程度清潔に保たれ口臭も発生しません。

しかし歳を重ねると、老化現象の一つとして体全身の乾燥が起こり、口の中が乾きやすくなります。

その結果、お口の中の歯周病菌や虫歯菌、汚れなどが殺菌洗浄されないため、口臭が発生してしまいます。

>>気になる口臭も解消!【オーラルデント】の詳細はこちら




 
 

 加齢臭をどうしても消したいなら病院で相談

本気で加齢臭をなんとかしたいと考えられている方は病院で相談してみるのもよいかもしれません。

加齢臭治療としてクリニックで行われている主な治療法はキレーション治療などです。

キレーション治療は蓄積された有害物質をデトックスする治療法で、免疫力や酵素反応機能を回復させる効果があります。

これにより、体内の老化を予防する効果を期待することができます。

また、臭いの元となるアポクリン汗腺を除去する外科的手術や超音波による施術、レーザー治療による施術を行うところもあります。

悩んでいる体臭が加齢臭によるものなのかを知るためにも、一度病院で診察を受けてみるのも良いかもしれません。
 
 

 まとめ

加齢臭は、加齢と共に臭いが強くなり、衣類につくと落ちにくいといわれています。

臭いの原因は体内にあるので、体の中からケアしていくことで加齢臭を消して良い印象を与えたいですね☆

>>水素サプリ【H2Supplement】の詳細はこちら

関連記事

ピックアップ記事

maNara16

薄付きなのに陶器肌!人気のおすすめファンデーション

毛穴ホットマスクで一躍有名になったmaNara。 そのmaNaraから、とっても便利なスティックファンデーションが出たそうです…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る