デリケートゾーンのケア方法は?かゆみ・脱毛・臭い・黒ずみも解消!

女性なら誰もが気になるデリケートゾーンの悩み。

ただ、場所が場所だけに他の人には聞きづらいんですよね。。

病院で相談するのも気が引けるし、悶々と悩みながら過ごす人も多いと思います。

今回は、そんなデリケートゾーンのかゆみ・脱毛・臭い・黒ずみを自分でケアする方法についてお伝えします☆

アンボーテ

 デリケートゾーンのかゆみ

デリケートゾーンの痒みの原因として最も多いのが、蒸れやおりもの、ナプキンによるかぶれだといわれています。

このフェミニンゾーンは、毛で覆われていて熱や湿気がこもりやすくなっています。

この高温湿気が雑菌にとっては絶好の住処となり、かゆみが起こりやすくなります。

また、掻きむしることで乾燥し、痒みが悪化することも。。

かぶれの症状としては、赤みや腫れがあらわれる場合が多く、酷くなると痛みや出血を伴うこともあります。

初期症状であればオロナインなどの市販薬で治してしまう人もいるようですが、殺菌力の強い市販の薬が粘膜部分についてしまうと悪化してしまうこともあります。

どうしても、痒みが治らない・止まらないようあれば、病院の皮膚科を受診しステロイドなどを処方してもらいましょう。

>>股が臭いなら!オリモノのにおいを解消!デリケートソープランキング

Sponsored Link

 デリケートゾーンの脱毛

自分の為、そして大好きな彼の為に処理する女性が多いのが、デリケートゾーンの脱毛。

ただ、vioゾーンは毛が太く濃い毛が生えていますが皮膚がデリケートなので処理する際には注意が必要です。

一般的な脱毛方法としては次の4つでしょう。
 
 

♥ はさみ・毛抜き

はさみ・毛抜きでの脱毛は、毛先をカットしたり、毛を根こそぎ抜く処理方法で長さと形を好みに調整できるというメリットがあります。

ただ、切られることで毛が太く濃くなるのと、毛の伸びが加速するのであまりおすすめできません。

また、鋭くなった毛先が肌に当たってチクチク痒い思いをすることも。。

毛深い人や毛が濃い人、毛質が太い人は痛いのを我慢して抜かなくてはいけませんし、毛穴から黴菌が入り炎症を起こしてしまうこともあるので注意が必要です。
 
 

♥ 脱毛クリーム

セルフで気軽に使え、自宅で処理できるというメリットがあります。

ただ、クリームの成分でかぶれることも多く、毛の状態は変わらず「痒いだけだった」という声も多いようです。

私もドンキなどで売られている、市販の人気脱毛クリームを使ってみたことがありますが塗ったそばから痒みが出てきて、処理後に痛みが出てしまいました(- – ; )

また、この方法だと一度に処理できる毛の量が少なく、回数を重ねないといけないのもデメリットかもしれません。

さらに、脱毛クリームは成分が強いものが多いので、使えば使うほど肌への負担も大きくなります。

繰り返し使うことで肌が乾燥し、黒ずみやかゆみにつながることがあるので気をつけましょう。
 
 

♥ 脱毛エステ

>>1位に納得!ミュゼの評価・口コミ・効果・料金・店舗はこちら
>>【痛みなし♡】下の毛・vio処理におすすめの脱毛ランキング

自分で処理するのは面倒という人で、エステに通うことができる人にはおすすめです。

理想の毛の薄さや形をカウンセリングしてもらった上で、プロがしっかり処理してくれるので安心です☆

アフターケアもしっかりしているので、肌への負担も軽減できるので、セルフ脱毛にありがちの黒ずみも防ぐことができます。

わたしは色々なエステをまわった後、最終的にミュゼに納まったのですが、肌への負担も少ないですし、痛みが少ないのでおすすめですよ♡

>>【ミュゼプラチナム】の詳細はこちら

ミュゼ
 
 

♥ 家庭用脱毛器

>>自分で脇処理♪ワキ毛脱毛が楽しくなる!おすすめムダ毛処理はこちら

毛が濃い人、多い人におすすめなのが家庭用脱毛器での脱毛方法です。

昔は「レーザー=痛い、怖い」というイメージがありましたが最近のレーザー脱毛は本当に優秀で痛みがほとんどありません。

毛根に直に働きかけるので、肌への負担が少なく、処理完了までの回数が少ないのが特徴です。

早ければ半年で脱毛を完了する人もいますし、脱毛エステで行われている「冷却作業」も不要なので楽チン♪

恥ずかしいvioラインも自宅で「好きな時に好きなだけ」できるのでありがたいですね!

>>【トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X】はこちら



 
 

 デリケートゾーンの臭い

>>股が臭いなら!オリモノのにおいを解消!デリケートソープランキング
>>【スソガのにおいを消す!】すそわきが対策クリームランキング

歩くとモワ~ン。。
しゃがむとモワ~ン。。
トイレに行ってもモワ~ン

トイレでズボンを脱いだ時の、あのモワ~ンとしたニオイ、嫌ですよね。

彼氏や友達といても(もしかして。。臭ってる。。?)って気になりますし。。

臭いが独特過ぎて、スプレーふっても誤魔化せないんですよね。。

わたしも臭いがキツイので、薬局やハンズ、amazon、楽天なんかで市販のニオイ対策石鹸を色々買って使ってみました。

その中で買って良かったと感じたのが「ジャムウ・ハーバルソープ」でした。

臭いの原因となる雑菌をしっかり落としてくれるので、長時間ニオイ知らずに!

ニオイ消しの石鹸としてはとっても優秀です☆

保湿成分で肌が潤って肌のターンオーバーも整うので、黒ずみの解消にも役立ちます。

>>【ジャムウ・ハーバルソープ】公式サイトはこちら



 
 

 デリケートゾーンの黒ずみ

>>あそこが黒いなら!vio美白!デリケートゾーン黒ずみクリームランキング

デリケートゾーンの悩みの1位・2位を争うのがデリケートゾーンの黒ずみ。

下着や水着姿になった時に間違いなく目が行くのがこの部分!

視覚が与えるインパクトは大きく、フェミニンゾーンの黒ずみは清潔感がなく、遊んでいるイメージを与えてしまうことがあります。

男性の中には「彼女のあそこの黒ずみを治したいんだけど。。ホワイトニングできる市販のクリームってあるの?」という質問をする人も。

デリケートゾーンの黒ずみについては、場所が場所だけに、病院に行って医薬品を処方してもらうよりも、自宅で美白クリームなどを使って手入れしているという人が多いようです。

美白効果があるハイドロキノンや、ランキングで人気の黒ずみ解消石鹸も沢山ありますが、わたしが使ってみた中で良かったのが「Peach Rose」「薬用イビサクリーム」でした。

イビサクリーム

わたしの場合、水分が程よくあるお尻には「Peach Rose」、摩擦を受けるvioなどのデリケートゾーンは「薬用イビサクリーム」と使い分けています。

イビサクリーム

保湿効果の高い、美白成分配合のジェルが、潤いを保って肌のターンオーバーを促進してくれます。

イビサクリーム

黒ずみがでやすい乾燥の激しい季節や生理前後などは、特に助かりますよ♡

>>デリケートゾーン黒ずみ専用【薬用イビサクリーム】


 
 

 まとめ

ここまで、色んなデリケートゾーンのケアをみてきましたが、デリケートゾーンは名前の通りデリケートなので、時間をかけてじっくりケアしてみてくださいね(^-^)/

>>デリケートゾーンのケア方法まとめはこちら

関連記事

ピックアップ記事

おでこ二キビ

おでこニキビの原因と予防・対策は?

なかなか治らないおでこニキビ。 お化粧をする事が日常の大人になってからは更に治りにくいですよね(=TェT=) そんな…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る