アトピー皮膚&乾燥肌におすすめ!細胞間脂質の保湿クリーム

乾燥が激しいこの季節、肌がカサカサしてアトピーも酷くなりがちですよね?

今回はそんなアトピー皮膚や乾燥肌を潤してバリア機能を高めてくれる保湿クリームをご紹介します☆

>>【新発想!細胞間脂質ケアに着目した美容クリーム】はこちら

 アトピー肌&乾燥肌に「クラウンセルクリーム」

□ 目元や口元がカサカサする
□ 洗顔するとつっぱる感じがする
□ 肌が粉をふいたようになることがある
□ 夜スキンケアをしても朝になるとカサつく

こんな症状がある人は「細胞間脂質」をキープでいない可能性があります。

「細胞間脂質」とは角質細胞同士のすき間を繋いで、外からの刺激に耐える肌を作ってくれるもの。

また、肌の保湿要素の約80%を占めていて、肌の水分を保持する点で大事なものだといえます。

「細胞間脂質」の働きを低下させるものは次の通り。

◆ 間違ったスキンケア
◆ ストレス
◆ 睡眠不足
◆ 食生活の乱れ

そしてこれらによって「細胞間脂質」が上手く働かなくなるとアトピーや乾燥肌などの様々な肌トラブルが出てきます。

この大切な「細胞間脂質」をキープする最も有効な方法は「セラミドなどの細胞間脂質に近い成分で保湿すること」。

セラミドは細胞間脂質の50%以上を構成する成分の1つで、最も水分保持力が高いものの1つだといわれています。

そして、外から細胞間脂質に近いヒト型セラミドを取り入れることで細胞間脂質の働きをサポートすることができるんです。

「クラウンセルクリーム」はそんなヒト型セラミドを配合した保湿クリームで、細胞間脂質をキープするのをサポートしてくれます。

必須脂肪酸の1つであるリノレン酸も含まれていて、不安定になりがちな敏感肌の肌のコンディションを整えてくれます。

リノレン酸は、敏感肌のケアに使われることもあり、デリケートな肌にもとっても優しい♪

保水力が高く肌の弾力を保持するヒアルロン酸や天然保湿因子の1つであるPCA-Naが肌を柔らかくしてくれます。

これらの成分がバランス良く配合され、相乗効果を発揮して、肌のバリア機能を高めてくれます。

美容サロンから生まれた究極の保湿クリームということで使用感も良く、使った人の97%の人が満足と答えているほど!

パッケージもシンプルで、肌に必要なものだけが配合されているのが伝わってきます。

実際に使ってみると、伸びが良く、サラッとしてとても気持ちがいい☆

肌に塗った瞬間から肌が柔らかくなり、内側からふっくらしてくるのが分かります。

保湿クリームが水分をしっかり含んで留まるので肌の弾力も上がりモチモチに。

肌が正常な状態で保たれることで肌のターンオーバーも正常になり、自らでキレイな肌を作りあげるような状態に♡

毎日、しっとり潤いを感じられる肌に触れることができるのは楽しいですね♪

この保湿クリームですが、定期購入なら通常価格 5,200円1,300円【送料無料】と75%も安く購入できます。

30日間の返金保証もついてくるので、1ヶ月間じっくり試すことができるので安心ですね^^

アトピーも乾燥肌も放っておくと治りにくくなるので、症状を感じている人は早めにケアしましょう☆

>>驚異の持続と心地よさ【クラウンセルクリーム】はこちら

関連記事

ピックアップ記事

d プログラム アレルバリアエッセンス

顔がかゆい!そんな花粉の症状に資生堂「バリアエッセンス」

2月上旬から花粉が飛び始め、顔がかゆくなってきた人も多いはず。 この時期は空気も乾燥していて肌が乾きやすく、肌のバリア機能も衰…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る