【右・左・両肩が軽くなる】5分で簡単にできる肩こり解消法

肩こり

30~40代の8割が悩まされているといわれる「肩こり」ですが、放っておくと深刻な病気に繋がることもあるのをご存知でしょうか?

右肩は肝臓の病気のサインになることがあり、左肩は心筋梗塞など心臓の病気の前兆があるといわれているので注意しなければなりません。

今日はそんな肩こりを5分で解消できる方法をご紹介します。

Sponsored Link

1分で簡単にできる肩こり解消法

 
● 首がほぐれる「あべこべ体操」

椅子に座ったままできるラクチンな体操です。

仕事の休憩時間などにサクッとできて短時間でリフレッシュできますよ♪
 
 
以下の動画を参考に行ってみてください。
 

 
(ウォーミングアップ)

1.天井を見上げて2~3秒そのままにします。

2.次におへそを覗き込む様にして首を下げます。この時に首の後ろや背中にツッパリを感じたら肩がこっている証拠です。

3.首を上げ、頭をゆっくりと左側にグルグルと2~3回します。
 
 
(体操1)※首の後ろと背中を伸ばす

4.顔を真っ直ぐに戻し、両手を組んで頭の後ろに当てます。

5.両肘を開きながら、そのままの姿勢でゆっくり天井を見ます。

6.今度は両肘を閉じながらおへそを覗き込むようにして頭を下げます。

7.頭を上げて元の位置に戻します。これを5回繰り返します。

Sponsored Link


 
 
(体操2)※目と頭の動きを逆にする

8.両手を組んで頭の後ろに当てます。

9.両肘を開き、下を見たまま、首をゆっくり後ろに倒していきます。

10.次に両肘を閉じながら頭を下げ、目は上の方にもっていきます。

11.これを5回繰り返します。
この時に呼吸を止めないようにして、力を抜いて行ってください。
 
 
(体操3)※頭の動きと背中の動きを逆にする

12.両手を組んで頭の後ろに当てます。

13.両肘を開きながら、ゆっくり天井を見るように首を後ろに倒し、同時に背中を丸めていきます。

14.次に、両肘を閉じながらおへそを覗き込むようにして頭を下げ、同時に背中を反らします。

15.これをゆっくり動きを確かめながら各5回繰り返します。
※この時に首の後ろを両手で締め付けないようにしましょう。
 
 
(体操4)※上半身をほぐします

16.右手を左耳に引っ掛け、軽く顔を右に倒します。
※この時に首を強く引っ張らないようにしましょう

17.右のお尻を少し持ち上げて、左のお尻に体重をかけます。

18.今度は左のお尻を持ち上げて、右のお尻に体重をかけます。

19.これを各側5回ずつ行います。

20.次に反対側も同じように体操を行います。
 
 

まとめ

ここまで、簡単にできる肩こり解消法をみてきましたが、
これは簡単にできて本当に肩が軽くなります。

道具もいりませんし、気づいた時にいつでもやれるので、学校や職場、テレビを見ながらなど思い出した時にやってみてくださいね(^-^)/

Sponsored Link

関連記事

ピックアップ記事

kombucha(コンブチャ)

アメリカで大人気☆ミランダ愛用のkombucha(コンブチャ)とは?

セレブリティマガジン『GOSSIP』で2015年に流行るものとして取り上げられたkombucha(コンブチャ)。 セレブが通う…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る