費用は?業者は?引っ越し手続き・準備に使えるチェックリスト☆

引越し

1年で一番引っ越しが多くなるのが春だといわれていますが、みなさんの中にもそろそろ移動を。。と考えられている人もいるのではないでしょうか。

長年住んでいた場所を離れて、心機一転、新たな土地で生活をスタートするとなると、心身共にバタバタしますよね。

そんな時は、まず 「何をやるべきか」 を整理する必要があります。

ここでは、引っ越しに際して必要となる手続きをまとめてみましたので、「何から手を付けていいのか分からない!」という人は、チェックリストを活用して頭を整理する事から始めてもいいかもしれません。

参照:suumo

スポンサードリンク



手続きのチェックリスト

引越し

引っ越し手続きのリストをチェックする前に、これからしなければならないことの大まかな流れをみていきましょう。

1.引っ越しの見積もり依頼(引っ越しを考えたら)
2.固定電話・インターネットなどの契約変更(引っ越し日が決まったら)
3.役所関係・電気・ガス・水道等の手続き(引っ越し1~2週間前)
4.銀行・保険・携帯電話の変更手続き、挨拶(前日までにやること)
5.冷蔵庫・洗濯機・ゴミなどの排出(前日)
6.引っ越し会社への支持・忘れ物チェック(当日)
7.引っ越し先での転入手続き(引っ越し後)

バクッとみるとこんな感じ。

結構、やることは沢山ありますね^^;

では早速、これらの流れに従って行わなければいけないチェックリストを見ていきましょう。

スポンサードリンク




 
1.引っ越しの見積もり依頼(引っ越しを考えたら)

□  引越し会社選び
□ 引っ越しの見積もりをとる

引越し

 
 
2.固定電話・インターネットなどの契約変更(引っ越し日が決まったら)

□ 管理会社・大屋さんに退去する故を伝える
□ 新居の決定と下見
□ 引っ越し会社を選ぶ
□ 不用品を処分し始める
□ 固定電話の契約変更
□ インターネットの契約変更
□ 転校届の提出(※子供がいる場合)

スポンサードリンク



3.役所関係・電気・ガス・水道等の手続き(引っ越し1~2週間前)

□ 荷造りスタート
□ 粗大ごみの処分スタート
□ 転出・転居届
□ 福祉関係の手続き(乳児医療費助成や児童手当、介護保険、後期高齢者医療費助成など)
□ 住所変更に伴う郵便物の転送手続
□ 電気の手続き
□ ガスの手続き
□ 水道の手続き
□ 各種配達サービスの手続き
□ 転居はがきの作成
□ 国民健康保健の資格喪失(国保に入っている場合)
□ 印鑑登録の廃止(※印鑑登録をしている場合)
□ ペットの登録(※ペットを飼っている場合)
□ NHK・衛星放送・ケーブルテレビの手続き(※加入している場合)

引越し
 
 
 

4.銀行・保険・携帯電話の変更手続き、知り合いへの挨拶(前日までにやること)
□ 金融機関の住所変更
□ 各種保険の住所変更
□ 挨拶用の手土産準備
□ 近所への挨拶
□ 身の回り以外の物の梱包
□ 現住所の掃除・ごみ処理
□ 新居の掃除
□ PCなどのデータバックアップ
引越し

 
 
5.冷蔵庫・洗濯機・ゴミなどの排出(前日)
□ 冷蔵庫、洗濯機の搬出準備
□ ダンボールの個数確認
□ 貴重品、手回り品の準備
□ 現金の確認

引越し
 
 
 

6.引っ越し会社への指示・忘れ物チェック(当日)
□ 電気・ガス・水道の停止確認
□ 部屋に忘れ物がないかチェック
□ 最後のプチ掃除
□ 部屋の引き渡し

□ 新住所に移動・新居の掃除
□ 電気・ガス・水道の使用開始
□ 引っ越し会社への指示
□ 搬入した荷物の確認・整理整頓
□ 引っ越し費用の精算

引越し

 
 
7.引っ越し先での転入手続き(引っ越し後)

□ 転入届
□ 国民年金住所変更
□ 運転免許の住所変更
□ 国民健康保健の加入手続き(国保に入っている場合)
□ 印鑑登録(※印鑑登録をしている場合)
□ ペットの登録(※ペットを飼っている場合)
□ 転校の最終手続き(※子供がいる場合)
□ 車庫証明申請・自動車の登録変更(※車を持っている場合)

引越し

こうやってみると、やることは沢山ありますし、逆算して進めていかないと引っ越し日が近づくにつれて余裕がなくなりバタバタしますよね。

「もっと具体的に何をすればいいのか知りたい!」という人はSUUMOさんのサイトが役立つので見てみて下さい。

ちなみに、引っ越し準備として最初にすべき業者選びは引越社によって費用や対応にバラつきがあるので良く比較した方がいいです。

引越し

安い引っ越し業者に依頼したけど、引っ越し当日まで連絡が全く取れなかったというようなケースもあるので、新しい場所にスムーズに移れるよう、実際に利用した人の口コミや評判をチェックし信頼できる業者さんを選ぶようにしましょう。

ちなみに、わたしは引越し達人セレクトを利用していますが、安心できる引越し会社さんの特典を利用して、節約しながら引越しできるのでおすすめです。

キャンペーン引っ越し祝い金を料金も助かりますし、見積もりから引越し完了までの業者さんとのやり取りもスムーズ☆

また、引越しを機に、いらないものを売ってスッキリさせたいという人は、引越し+買取見積もりをしてくれるトレファク引越を利用するのもおすすめ☆

備えあれば憂いなし。

引っ越しを考えている人はしっかり準備して、サラリとキレイに引っ越しましょう♪

>>簡単引越し見積もりはコチラ


関連記事

ピックアップ記事

30代からの肌荒れ・乾燥肌改善に卵殻膜配合の保湿ジェル

[写真後] 年齢と共に減少していく肌の潤いですが、30代から右肩下がりになり、40代になるとガクンと減ってしまいます。 肌の潤い…

おすすめ記事

☆生活に役立つ情報サイト

ページ上部へ戻る